HOME > 翻訳 > Nuts and bolts of legal translation > 第7回 「会社の規則・規程・規定」

Nuts and bolts of legal translation

第7回 「会社の規則・規程・規定」

定款だけでは企業は細かいことまで管理できかねません。そのため、会社が規則(ルール)を作成します。規則のうち、代表的なのは就業規則です。
労働基準法89条によると:
『常時十人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項について就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない。』
つまり、10人以上の従業員が働いている会社では就業規則を始め、様々な規則があります。10人以下の小さいな会社でも就業規則や他の規則を文書化にする場合があります。

日本語では企業、場合によってルールは「規則」「規程」「規定」と言います。英語だとほぼすべての場合rulesもしくはregulationsと訳せますが、まず違いを考えてみましょう。インターネットで違いを検索してみたところ、以下の説明を見つけました。しかし、情報源(http://www.e-tohmatsu.com/ek/word/c-word/41-50/42.shtml)へのリンクは壊れているようです。

引用:
1)「規則」とは、法令、定款等で定められた事項に基づき、業務の運営およびその取り扱いについて定めたものをいいます。例えば、取締役会規則、就業規則などがこれに該当します。

2)「規程」とは、一定の目的(例えば、事務の内容、その手続など)のために設けられた複数の規定を体系的にまとめた総体を意味します。経理規程をはじめとする大部分のものは、これに該当し、「規則」と同じレベルに位します。

3)「規定」とは、事務処理の内容や手順などを定めた「規程」や「規則」などの中の個々の条項(条文)のことです。「規程」と「規定」は類似語であり、混同して使用されている事例も存在しますが、両者は、本来別の概念です。

標準対訳辞書(http://www.japaneselawtranslation.go.jp/)によると
規則 = regulations
規程 = rules
規定 = provisions*

*しかし、本辞書は法令専門の辞書ですので、今回はrulesやregulationsと訳してもいいでしょう。

規則・規定・規程の例として:
就業規則 Employment Regulations
取締役会規則 Regulations of the Board of Directors
海外赴任規定 Regulations for Overseas Postings
単身赴任取扱規定 Regulations for the Staff Posted Alone
海外出張規定 Rules for Overseas Business Travel
出張規定 Rules for Business Travel
安全衛生管理規定 Health and Safety Management Regulations
個人情報の保護に関する規程 Regulations for the Protection of Personal Information
経理規程 Accounting Regulations
育児介護休業規程 Child Care and Family Care Leave Regulations
給与規程 Salary Regulations
賞罰委員会規程 Rewards and Penalties Committee Regulations
通勤交通支給規程 Commuting Allowance Payment Regulations
退職金規程 Retirement Allowance Regulations
委員会規程 Committee Regulations

上記のとおり、以下の表現はすべて使用可能です:
● Regulations of
● Regulations for
● XX Regulations
● Rules for

「規則・規程・規定」は誰が書いているのでしょうか?
もちろん、テンプレート、書式、例文が含まれている書籍がたくさんありますが、法令に遵守しなければならないという点を考えると多くの企業は専門家に作成を頼んでいると思われます。その場合、弁護士ではなく、行政書士や社会保険労務士に作成を頼んでいるでしょう。特に就業規則のような所轄労働基準監督署長に届け出なければない規則の場合、企業側は慎重に規則を作成するのでしょう。

スタイル
規則・規定・規程のスタイルですが、契約書に非常に似ていますので、契約書と同じスタイルに訳せばいいでしょう。しかし、ルールですので、もっと命令的な言い方でもいいでしょう。たとえば、shall、mayをmust、will、shouldにする。

* このような文書は法令に従うので、法令が改正させると規則・規定・規程も改正されます。

それでは、今回は就業規則に注目したいと思います。
上に書いてあるとおり、10人以上の従業員が働いている企業の場合、就業規則の作成は法律で義務付けられています。 その内容もある程度労働基準法第89条に決められています:

一 始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を二組以上に分けて交替に就業させる場合においては就業時転換に関する事項
二 賃金(臨時の賃金等を除く。以下この号において同じ。)の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項
三 退職に関する事項(解雇の事由を含む。)
三の二 退職手当の定めをする場合においては、適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期に関する事項
四 臨時の賃金等(退職手当を除く。)及び最低賃金額の定めをする場合においては、これに関する事項
五 労働者に食費、作業用品その他の負担をさせる定めをする場合においては、これに関する事項
六 安全及び衛生に関する定めをする場合においては、これに関する事項
七 職業訓練に関する定めをする場合においては、これに関する事項
八 災害補償及び業務外の傷病扶助に関する定めをする場合においては、これに関する事項
九 表彰及び制裁の定めをする場合においては、その種類及び程度に関する事項
十 前各号に掲げるもののほか、当該事業場の労働者のすべてに適用される定めをする場合においては、これに関する事項
■下記は、就業規則によくある条/Articles which often appear in Employment Regulations

総則 General Provisions
目的 Objective
適用範囲 Scope of Application
規則の遵守 Compliance with Regulations
採用手続き Recruitment Procedures
選考必要書類 Documents Required for Screening
採用決定者の提出書類 Documents to be Submitted by a new Employee
試用期間 Probation Period
労働条件の明示 Clearly Specify Working Conditions
人事異動・転勤・出向 Personnel Transfers, Transfers, Secondment
休職 Leave
休職期間中の取扱い Handling During Leave
労働時間及び休憩時間 Working Hours and Break Hours
始業、終業、休憩時刻の変更 Alterations to Starting, Finishing and Break Hours
休日 Non Working Days
休日の振替 Substitute Non Working Days
時間外及び休日労働 Overtime and Working on Non Working Days
年次有給休暇 Annual Paid Leave
産前産後の休業 Maternity Leave
妊娠中及び出産後の健康管理に関する措置
Measures Concerning Health Management During Pregnancy and Post Partum
育児時間 Childcare Hours
育児休業 Childcare Leave
介護休業 Family Care Leave
慶弔休暇 Congratulations and Condolence Leave
服務の基本原則 Basic Principles of Service
遵守事項 Compliance Matters
出勤、退勤 Arriving and Leaving Work
遅刻、欠勤 Lateness and Absenteeism
早退、外出 Leaving Early and Temporary Absence
賃金の構成 Constitution of Wages
基本給 Basic Salary
役職手当 Executive Allowance
家族手当 Family Allowance
通勤手当 Commuting Allowance
割増賃金 Extra Wages
休暇等の賃金 Wages During Leave
欠勤等の扱い Handling Absenteeism
賃金の計算期間及び支払日Salary Calculation Period and Payment Date
賃金の支払いと控除 Salary Payment and Deductions
昇給 Salary Increases
賞与 Bonuses
定年 Retirement Age
退職 Retirement
解雇 Dismissal
解雇予告 Dismissal Warning
解雇制限 Restrictions on Dismissal
表彰 Awards
懲戒の種類 Types of Disciplinary Punishment
懲戒の事由 Grounds for Disciplinary Punishment


※他の用語や表現は第4回「契約書によく使われる用語〜中級編」を参考にてください。


Nuts and bolts of legal translation


↑Page Top

プロフィール

エベースト・キャシー

エベースト・キャシーさん:Cathy Eberst
イギリス出身。シェフィールド大学で日本語と経営学を専攻した後、1998年JETプログラム(国際交流員)で来日。大分県で3年間国際交流員の仕事をしたのち、石垣島へ。2001年フリーランス翻訳業開始。5年間の石垣島生活ののちに大阪滞在、1年間の香港滞在を経て、現在大阪市在住。2009年にオリアン株式会社を設立して、特に契約書など法律関係の文書を得意としています。