BLOG&NEWS

家飲みビールは「量り売り」で

すーじー

通訳・翻訳者リレーブログ

暑中お見舞い申し上げます。シカゴもすっかり夏、ビールがますますおいしい季節になりました!

数年前にクラフトビール醸造所の近所に引っ越してきて以来、我が家の新しい習慣となっているのが、醸造所に行ってビールを「量り売り」で買うこと。

Growlerと呼ばれる専用ボトルを持っていき、興味のある商品を味見させてもらったり、これからの発売予定について教えてもらったりしつつ、新鮮なビールを入れてもらいます。

1608MyGrowler.jpg

Growlerは、64オンス(1,890ml、いわばアメリカ版の一升瓶)その半分の32オンス標準サイズ。その場でも購入可($45)。オリジナルデザインを用意しているところも多いので、集めてもいいかも。

(ちなみに、よその醸造所で買ったGrowlerはダメ、というところもたま~にあるので初めての店では注意

→愛用のGlowlerは、Half Acreで3~4年前に購入したもの。BegyleのTap Roomにて。

さて、Growlerもいいけど、やっぱり肝心なのはどこで中身を買うかですよね?

直営のストアやバー(タップルームTap Room)を併設するクラフトビール醸造所はシカゴにたくさんあるのですが、私がよく利用するのは以下の2か所。

どちらもなかなか居心地のいいTap Roomも併設してるので、ビールを買いに行ったついでに一杯、なんてことも(笑)。
**************************************
Half Acre

4257 N. Lincoln Avenue

Chicago IL 60618

773-248-4038

http://www.halfacrebeer.com/

1608HalfAcre.JPG

・ストアでは、定番+限定版(試作版?)を常時10種類以上Growler販売(先週行ったときは14種類)。

・ここの看板商品は「Daisy Cutter」というホップが効いたキレのいいAmerican Pale Ale。いつ飲んでもハズレなしのおいしさです。年に数回、Double IPAの「Double Daisy」も限定生産。見かけたらぜひお試しを。

・うちの旦那のお気に入りは、「Gossamer」というAmerican Blonde Ale。「malty(麦芽の風味が印象的)」な感じが好きとのこと。

・ストアの隣にあるタップルームも要チェック。ストアでも買えない「超」限定版が飲めることも。

・ステッカーやポスターなどのグッズもストアで購入できます。ラベルデザインをもとにしたものが多く、なかなかのセンス。

1608AkariShogun.jpg←「Akari Shogun」(夏のみ販売)のラベルをモチーフにしたステッカー。ストアに行ったとき「かっこいいね!」とほめたらオマケしてくれました。

**************************************
Begyle Brewing

1800 W. Cuyler

Chicago, IL 60613

773-661-6963

http://www.begylebrewing.com/home/

IMG_7254.jpg

Half Acreにくらべると、いかにも「マイクロブリュワリー」という感じ

・駅裏のめだたない場所にある改造ガレージっぽい施設内に、ストア・タップルーム・醸造設備がギュッと詰まっています。

・ストアでは、(行くタイミングにもよりますが)4~6種類のビールをGrowler販売しているよう。

←(左) ストア&タップルーム入り口。

↓ (下) 先週行ったときのストアの様子。

1608Begyle.JPG

・うちの旦那のお気に入りは、「Crash

Landed」というWheat Ale7%)。複雑でキレのいい味わいが好みらしいです。

・私は「Free Bird」や「J Bird」(どちらもAmerican Pale

Ale5.6%)といった「Bird」シリーズがが今は好き。冬だと「Imperial

Pajamas」とかのStoutPorterも美味。

・ここのタップルームはBYOFbring your own food)形式で、つまみが欲しい場合はピザでもチーズでもBBQでも何でも持ち込み可。

週末には、Food Truckもたいがい近くに停まっています。
**************************************

お互い健康には気を付けつつ、暑い夏を楽しく乗り切りましょう!

Written by

記事を書いた人

すーじー

1998年春、研究留学する夫に同行して渡米。大の苦手だった英語をイチから学びなおすことに。現在はシカゴ在住のフリーランス英日翻訳者として、マーケティングから金融・経済まで幅広い分野のビジネス案件にたずさわる。最近、興味があるのは、DIYと健康になること。

END