BLOG&NEWS

故・岡本太郎氏の自宅兼アトリエ

すーじー

通訳・翻訳者リレーブログ

夏前から続いていた大きめプロジェクトが一段落したので、先週末は「東京見物」を兼ね(笑)、夫と南青山の岡本太郎記念館を訪れてきました。

ご存知のかたも多いでしょうが、ここは故・岡本太郎氏が自宅兼アトリエにしていたところ。

在宅で仕事をしているからでしょうか? 昔から気になる人や尊敬する人(おもに「アーティスト」と呼ばれる人たち)の自宅やアトリエを見せてもらうのが大好きなんですよね~

T.Okamoto's1.JPG

1階奥のアトリエ。
やっぱり一番気持ちいいいスペースでした。
蔵書がずらりと並ぶ2階 ↓ まで
吹き抜けになっているので、
それほど広くないわりに圧迫感がありません。
T.Okamoto's2.JPG
T.Okamoto's3.JPG
お庭スペース。
←宮崎駿さんのアニメに
こんな子、いませんでしたっけ?
T.Okamoto's4.JPG
ふと上を見れば、超有名なお方が・・・
その後は、記念館に貼ってあった宣伝文句(「ここから10分・入館無料」)につられ、國學院大學博物館へ。
・・・予想外の大当たりでした!
無料とは思えない充実ぶり。
とくに縄文ファン&「縄文」に惹かれた岡本太郎氏のファンにはおすすめかもです。
現在、企画展「モノの力 人の力」を10月9日まで開催中。
Kokugakuin M.JPG
Kokugakuin M2.JPG

【写真・左】企画展で見かけた縄文前期の深鉢。火焔型も大好きだけど、こんな洗練された縄文も新鮮。
【写真・右】同博物館所蔵の遮光器土偶。
すぐ近所の氷川神社では秋祭りもやっていて、充実の1日でした♪

Shibuya.JPG

おまけ:渋谷のハチ公像。
「やっぱり人気だな~」と思ってよく見たら、こんなことに・・・

Written by

記事を書いた人

すーじー

1998年春、研究留学する夫に同行して渡米。大の苦手だった英語をイチから学びなおすことに。現在はシカゴ在住のフリーランス英日翻訳者として、マーケティングから金融・経済まで幅広い分野のビジネス案件にたずさわる。最近、興味があるのは、DIYと健康になること。

END