BLOG&NEWS

谷川俊太郎展をのぞいてきました

すーじー

通訳・翻訳者リレーブログ

少し前(1月下旬)になりますが、先月ご紹介したぐるっとパスを利用して、新宿・東京オペラシティアートギャラリーで開催中の谷川俊太郎展をのぞいてきました。

ちなみに、その日は開催記念の対談(谷川さんX編集者の都築響一さん)が午後2時から開催される予定。実は「あわよくば…」と期待してもいたのですが、整理券が11時から配布されるのに11時半過ぎにのんびりオペラシティに到着しても、当然もらえるはずもなく(お昼過ぎからだし、大丈夫かな~と思っていましたが…)。

すこし残念でしたが、しかたがありません。気を取り直して、展覧会場へ。

*******

展覧会の構成は、こんな感じ

個人的に気に入った点/うれしかった点は…

<Gallery1:音と映像による新たな詩の体験>
・ビデオアートを取り入れた、詩の「体験」コーナー。部屋の中央で10分くらいぼーっとしていると、「かっぱ・らっぱ」や「いるか・いないか」の詩が周囲でぐるぐる旋回し、「谷川ワールド」にトランスできます。

<Gallery2:「自己紹介」>
2018-02Tanikawa.jpg

・「私は背の低い禿げ頭の老人です…」の詩を(まさに文字通り)柱にした見せ方。センスいい!

2018-02Tanikawa2.jpg

・昔、教科書に載っていた「朝のリレー」。思いがけなく再会できてうれしかったな~。

2018-02Tanikawa3.jpg

・そういや、谷川さん、マザーグースの訳者でしたね! 子どものときは和訳しか読んでませんでしたが。あらためて読み比べてみると、さすがにお上手です。

・あと、「二十億光年の孤独」をノートに鉛筆書きしたページや、谷川さんの愛用Tシャツを吊るしたコーナーなど、マニア垂涎?のアイテムもちょこちょこありました。

*******
規模として小さめだったことが残念といえば残念でしたが、昔好きだった谷川さんの詩に再び接することができ、ちょっとほっこり。「ことば」というアートの形態が、どんな風に展覧会として成り立つかな?ということを考えるいい機会にもなりました。

展覧会は、 3月25日[日]まで開催しているので、オペラ鑑賞、または近くまで行くことがあれば、ぜひどうぞ。

東京オペラシティ アートギャラリー
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)

P.S.:同じ建物内の別施設では、「坂本龍一 with 高谷史郎|設置音楽2 IS YOUR TIME」という展示を3月11日(日)まで開催していて、こちらもなかなか面白いです。

Written by

記事を書いた人

すーじー

1998年春、研究留学する夫に同行して渡米。大の苦手だった英語をイチから学びなおすことに。現在はシカゴ在住のフリーランス英日翻訳者として、マーケティングから金融・経済まで幅広い分野のビジネス案件にたずさわる。最近、興味があるのは、DIYと健康になること。

END