BLOG&NEWS

錦秋の新宿御苑

ぺこたん

通訳・翻訳者リレーブログ

今月は、新宿御苑を御紹介します。
先月の立川昭和記念公園に続く、”公園シリーズ”です。
広さ58.3ha。周囲3.5km。
同じ園でも、立川昭和記念公園は、米軍基地跡に作られた、みんなが楽しめる原っぱ。開放的な雰囲気溢れる空間。
一方、こちらの新宿御苑。元々は徳川家康の家臣・内藤氏の江戸屋敷の一部。その後、農事試験場→→皇室の庭園。そうして1949年に、国民の為の公園として一般公開された処。
門は、新宿門(新宿駅徒歩10分、新宿三丁目駅5分、新宿御苑前駅5分)、大木戸門(新宿御苑前駅5分)、千駄ヶ谷門(千駄ヶ谷駅5分、国立競技場駅5分)とあり。
本日は、新宿門から入ります。

新宿御苑1-1.jpg

さあ、時計と反対廻りに、グルッと散策してみましょ。
まず向かうは、日本庭園。
手前は、上の池。

○3 (640x427).jpg

“おい! そこのオンナ!
この口ん中、何か放り込んでくれないか!
お礼に、草団子あげるゼ!”
……(;’∀’)

○5 (640x379).jpg

この池で、よく白鷲と遭遇するのですが。
本日は、残念ながら、御留守。
代わりに。これは以前、見かけた子。

○06 (640x411).jpg

で、橋を渡ったところで、またまた声かけられます…
“あら、やだっ。そんなマジマジ見ないで!
わたくし、ただいま休養中なのよ”

○7 (640x425).jpg

“来春になったら、またいらして。
こんなに美しく、変貌するでゴザんすから!”
↓ ↓ ↓

○7-1 (640x425).jpg

さあ。道添に左手へ。
この辺、いまは静かですが。
春先には、椿が咲き乱れます。
右手向かいに見えてくるこれは、歴史建造物”旧御凉亭”。

○10 (640x425).jpg

水際をしばらく歩くと、目の前に広がるのが、中の池。
やややっ! ここはジヴェルニーか? (*’▽’)

○12 (640x427).jpg

また少し、ふらふら。
っと、繁みに目をやったら、こんな子が!
先月の昭和記念公園の子より、小柄&控えめな感じですが。
風も冷たくなってきたし。そろそろ冬支度かな?

○13 (640x427).jpg

さてとー。
この辺で、小道に沿って左へ折れましょう。
そこに立つ雄大な、ユリノキ。
その下のベンチに腰掛け、お弁当を広げます。
先ほどあった、休憩所で買ったものを。
そうそう。
わたしが愛してやまない、木の下の木製ベンチ。
ここにもたくさん、あります。
こっちにも。

○16 (640x426).jpg

あっちにも。

○○17 (640x427).jpg

そっちにも。

○18 (640x409).jpg

さあ、満腹になったところで。
またボチボチ歩きますか。
向かうは、イギリス風形式庭園。ほぼ中央に位置する空間。
都会の真ん中にいること、忘れてしまいます。
ここの芝生の上deピクニック、なーんてのも心地好い。

○19-1 (640x426).jpg

話は前後しますが…
園内には、レストラン&カフェ&休憩所が、数か所あ

なので、”虫が落ちてきそうでイヤ””草の上に座るなんてイヤ”…などなど、野外での食事に抵抗ある、そこのお嬢たちも、どうぞ御心配なく。
こんな感じ。
季節ごとのお弁当、スナックやアイスクリームなども、品揃え充実。
茶屋も。確か、2箇所あり。

○22 (640x413).jpg

で、で。ふたたび、イギリス風形式庭園の話。
この辺の木々、いまは、こんな光景…ですが…

○25 (640x425).jpg

○25-1 (640x404).jpg
桜の頃は、こんな感じになります。

○さくら (640x427).jpg


○26 (640x427).jpg
はやっ? これは、バオバブの木&教会…か?

…なワケないだろー。

○27 (640x424).jpg

おおっ! 足元こんなところに、Oh! Canada!
新宿のド真ん中で、ちょっとウルり(涙)。

○28 (640x427).jpg

さあ、広々としたイギリス庭園を、思いっきり横切りましょう。
すると。目の前に見えてくる巨大な建物。これが大温室。
特に洋蘭好きには、たまらない空間です。

○29 (640x401).jpg

と、洋蘭…と言いながら、これはキンシャチ…ね。

○32 (640x397).jpg

で、これは肉食植物でござる。
もとい…虫食…か。

○33 (640x426).jpg

隣には、旧洋館御休所(重要文化財指定)。

○34 (640x418).jpg

その前に立つ、園イチ美しい(…とわたしは思っている)イチョウ群。
ああああ~。溜息。

○35 (640x426).jpg

○36 (640x426).jpg
はい。
と、ここでちょっと、いま来た道を戻ります。
向かうは、玉藻池。
ここは、可愛い水鳥たち憩いの地。

○38 (640x426).jpg

あらっ。あなた、だーれ?

○39 (640x405).jpg

さてさて。ここでまた、ちょっと休憩。
池を望む大木戸休憩所で。トイレ・タイム&お茶タイム。
おっ! 玉藻池をボーッと眺めていたら、井戸端会議の声が、背後から。
聴こえてくる方に、そっと、そっと、近づいてみると…。
いた、いた! 声の主たちが。
でも、昭和記念公園の子たちと比べて、おとなしい感じ。

○40 (640x422).jpg

……と、ここで時計を見ると、2:30pm。あっという間の4時間半。
この奥には、

ランス式整形庭園&バラ花壇&プラタナス並木などもあり。

しかし、本日は次の予定もある。それに、これ以降の時間帯は、思うような写真が撮れなくなる。
なので、ぼちぼち御暇することにしますか。
本日は、このまますぐそこの、大木戸門から。

○41 (640x427).jpg

そうそう、肝心なこと―。
入場料: 一般200円(競馬場と同じっ!)
開園時間: 9:00-16:00(閉館16:30)
休園日: 毎週月曜日(月が祝祭日の場合はその翌日)。年末年始(12月29日-1月3日)
紅葉の見頃は、12月中旬頃まで。
ちなみに、わたしが御邪魔したこの日は、11月14日。
この後、イチョウやカエデの錦秋の連弾が、一気にクライマックスを迎えます(^-^)

Written by

記事を書いた人

ぺこたん

高校までをカナダと南米で過ごす。現在は、言葉を使いながら音楽や芸術家の魅力を世に広める作業に従事。好物:旅、瞑想、東野圭吾、Jデップ、メインクーン、チェリー・パイ+バニラ・アイス。

END