BLOG&NEWS

神代植物公園&深大寺

ぺこたん

通訳・翻訳者リレーブログ

今月は、調布市の神代植物公園&深大寺…を御紹介します。
まずは、神代植物公園へ向かいましょ。
京王線・調布駅から徒歩30分ほど。なーんて歩くのが面倒な方は、調布駅ORつつじヶ丘駅、JR中央線・三鷹駅OR吉祥寺駅から深大寺行きバス「神代植物公園」下車で、目の前まで行けます。
園内には、バラ、ぼたん・しゃくやく、ダリア、つつじ、山野草、かえで、マグノリア、さくら、つばき・さざんか等々、約30の園。そして築山、芝生広場、平和の森、雑木林など。計約4500種類、10万株の植物が植えられています。総面積:約486,500 m2。
いまの時期は、なんたって…バラ。
同バラ園は、第15回世界バラ会議バンクーバー大会にて、「世界バラ会連合優秀庭園賞(WFRS Award of Garden Excellence)」を受賞。これは、常時最高水準のバラを展示していること、美しく魅力的なバラ園を一般開放していること、一般の人たちがバラに関する知識を会得できる教育的な場であること、原種の保存を行なっていること、国際的規模で継続的にバラを試作できること、などが受賞条件の賞……なのだそうな。
豆知識はこの辺にして…と。
こちらが正門。

神代❶ (640x422).jpg

まずは左手から、時計回りにグルッと行きましょ。

神代➋ (640x414).jpg

左右では、よく花の品評会をやっています。

神代➌ (640x426) (640x426).jpg

左手には、喫茶&売店。
鉢植え・種・球根など充実の品揃え。

神代❹ (640x387) (640x387).jpg

その先の道を右へ少し入ると、小池が。
カメ&カワセミも良く見かけますが、本日は辺り一面、コイ…コイ…コイ。

神代❺-1 (640x427).jpg

神代❺ (640x427).jpg
さて、さっき来た道に戻って…と。
左手の山野草園で、こんな花を発見!
サンゴシトウ。

神代❻ (640x422).jpg

その先の築山、通り抜けると…

築山❼ (640x427).jpg

ここは、芝生広場。
とにかく広い! ひっくり返り、流れる雲を眺めたり、のんびりピクニック…なーんてのに最適の空間。

神代❽ (640x427).jpg

おっ! 途中で大好きなベンチ群を発見(^.^)

神代❾ (640x417).jpg

せせらぎの小路を眺めながら、さあ、本日のメイン・ディッシュ……バラ園へ!
約270品種。

神代❿ (640x418).jpg

プリンセス・ミチコ

神代⓬ (640x426).jpgプリンセス・サヤコ神代⓫ (640x427).jpg

希望

神代⓭ (640x427).jpg

ダイアナ・プリンス・オヴ・ウェールズ

神代⓮ (640x427).jpg

この期間限定のバラのソフトアイス、お勧めです。

神代⓯ (640x427).jpg

さてと、バラ園をたっぷり堪能したところで、雑木林を抜け、深大寺門からいったん出て、いざ深大寺へ。入場券にハンコを押して貰えば、植物公園へ再度入場可能です(その日の内なら)。

神代⓰ (640x417).jpg

◆◆◆◆◆◆
深大寺。
天平5年(733年)開創。天台宗別格本山の仏教寺院。山号は浮岳山。
3月開催のだるま市は、日本三大だるま市として知られています。
こんな感じ。

信じだ⓱-1 (640x424).jpg

寝台⓱-2 (640x415).jpg
境内近辺の湧水は、「東京名湧水57選」にも選定されていて、それを利用したそばが有名。古くは三代将軍、徳川家光に絶賛され、松本清張や武者小路などの、文豪にも愛されたことで知られています。門前を中心に、約20店舗あり。
門前町は、こんな感じ。

神代⓲ (640x403).jpg

そばサンド、そばパンなどのそば関係を始め、だんご、お焼、ぬれおかきなどもお勧め。

神代⓳ (640x401).jpg

これは鬼太郎茶屋。
水木しげる氏が、調布在住だった縁で。名物:じゃコロッケ。目玉おやじの栗ぜんざい等々。

神代⓴ (640x447).jpg

さてと。
そろそろ神代植物公園へ戻りますか。寺脇の坂道を伝いながら。

神代㉑ (640x426).jpg

行きとは反対廻りに、
昼間来た道を戻りながら。
正門から、帰路へつきましょ。
途中。
ふたたびの、芝生公園。
昼間とはまた違った色彩。とっても素敵です。

神代㉒ (640x415).jpg

あっ、カラス!
晩ごはん
今日はどこのソバ
喰らおうカ~

神代㉓ (640x427).jpg

*開園時間:9:30am-5:00pm(入園4時迄)
*休園日:毎週月曜日
*入園料:大人500円
〔写真はすべて5月14日撮影〕

Written by

記事を書いた人

ぺこたん

高校までをカナダと南米で過ごす。現在は、言葉を使いながら音楽や芸術家の魅力を世に広める作業に従事。好物:旅、瞑想、東野圭吾、Jデップ、メインクーン、チェリー・パイ+バニラ・アイス。

END