ENGLISH LEARNING

”Let’s challenge”はNG!

ハイキャリア編集部

通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語

〇月〇〇日、営業会議の終盤。通訳者Aさんは有意義に盛り上がった議論の締めくくりに営業部長の方が使ったNG英語を聞いてしまったのです。

◆NG文◆ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
This is a great strategy. Let’s challenge!
(いい戦略ですね。やりましょう!)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

challengeは「挑戦」を意味しますが、動詞の場合、「(人に)挑む」や「(人に)異議を唱える/盾突く」というニュアンスで使うケースが多いのです。

例:
I challenged him to a game of chess.
(私は彼にチェスの試合をいどんだ。)

I challenged him about the fairness of his statement.
(私は彼の言ったことの公平性に異議を唱えた。)

動詞で「チャレンジしよう」と言いたい場合にはtryを使います。

Let’s try!(やってみましょう)のようにシンプルにも使えますが、他にもネイティブがよく使う定型表現があります。

◆正しい英語◆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
This is a great strategy. Let’s give it a try!
(いい戦略ですね。やりましょう!)

※今日のキーフレーズ
「give it a try」
(やってみましょう/試してみましょう)

とても口語的なので会話でよく使われます。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

いかがでしたでしょうか?
他にも意味が異なるネイティブには通じないカタカナ英語にはお気をつけください!

Written by

記事を書いた人

ハイキャリア編集部

テンナイン・コミュニケーション編集部です。
通訳、翻訳、英語教育に関する記事を幅広く発信していきます。

END