ENGLISH LEARNING

「キャッチアップ」に”catch up”はNG!

ハイキャリア編集部

通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語

○月○日、マーケティング部に勤めるTさんは、上司と面談をしていました。Tさんは、日々新しい手法が誕生して移り変わりが激しい業界ということもあり、今後も常にマーケティング業界の最新動向についてキャッチアップしていきたいと伝えました。
しかしその時、通訳者AはNG英語を聞いてしまったのです。

◆NG文◆ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Many new marketing means are created every day, so I’ll make sure to catch up on the latest trends.
(日々、新しいマーケティング手法が生まれていますので、最新事情についてキャッチアップしていきたいです。)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

日本語の「キャッチアップ」には「最新情報について学ぶ」という意味もありますが、英語catch upの基本的な意味は「追いかける、追いつく」です。「遅れを取り戻す」というニュアンスで使われ、「ブランクがあること」や「未経験の仕事を初めて行う」際に使われます。

◆オススメ英語◆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Many new marketing means are created every day, so I’ll make sure to keep up with the latest trends.
(マーケティングの最新事情についてキャッチアップしていきたいです。)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

≪ポイント解説≫
catch upは「遅れを取り戻す」のニュアンスで「追いつく」、keep upは「遅れないように」のニュアンスで「付いていく」を表します。

■catch up (on 物)(to 人) : 遅れを取り戻す
例:
I missed a meeting yesterday. I need to catch up.
(昨日ミーティングに参加できなかったので、キャッチアップしないといけません。)
It’s been a month since I was assigned to this project, but it’s taking me a long time to catch up to everyone else.
(このプロジェクトの配属になって1ヵ月経つが、他の皆にキャッチアップするのに時間がかかっている。)

■keep up (with) : 遅れないように付いていく
例:
There are lots of new venture companies founded every month, so it’s hard to keep up.
(毎月新しいベンチャー企業が登場するので、キャッチアップするのは大変です。)
I watch the news every day to keep up with recent events.
(最近の出来事から置いていかれないように毎日ニュースを見ています。)

 

★編集部からのお知らせ★
これまで1700社以上のグローバル企業に、通訳・翻訳・英語教育といった語学サービスを提供してきた経験から、通訳メソッドを活用した効果を実感いただける英語プログラムをご提供しています。
英語のプロ、通訳エージェントが開発したプログラムをぜひお試しください。
無料カウンセリング実施中です。
●ビジネスに特化したアウトプット重視の1ヶ月集中プログラム
One Month Program

Written by

記事を書いた人

ハイキャリア編集部

テンナイン・コミュニケーション編集部です。
通訳、翻訳、英語教育に関する記事を幅広く発信していきます。

END