INTERPRETATION

第10回 Globalization & Americanization

木内裕也

American Culture and Globalization

今回のテーマはGlobalizationとAmericanizationです。

▶ 第10回のレクチャーはこちらにアクセスしてください。

lecture10_1.gif

グローバリゼーションと聞いてどんなことを想像しますか?これまでのレクチャーの中でも、すでにどのようにグローバリゼーションが私達の生活に影響を与えるか、考えてきました。Social Locationの内容では、世界の中での自分のアイデンティティーを考えました。Beautyのレクチャーでは、世界や文化によってその定義が違うことに言及しました。そして前回と前々回のレクチャーではブランドに焦点を当てました。

lecture10_2.gifブランドのレクチャーでは、グローバルブランドを羅列して、その特徴を探ってみました。今週の内容とは離れますが、Aspirational Brandという概念は非常に重要なものですから、ぜひ覚えておいてください。きっと皆さんの会社、部署、そして個人のブランディングのヒントになると思います。
グローバルブランドを羅列したとき、日本のブランドと日本以外のブランドが生まれました。日本以外のブランドとして、Rolex(スイス)やIkea(スウェーデン)などが挙げられました。しかしMcDonald’s、Ford、Googleなどアメリカのブランドも沢山出てきましたね。よく考えると、「グローバリゼーションとは結局のところ、アメリカ化でしかないのでは?」と思わずにはいられないこともあります。実際のところはどうなのでしょうか? 

lecture10_3.gif

経済の世界では、Big Mac Indexというものがあります。有名なThe Economistという雑誌が最初に紹介したものです。1つのビッグマックが世界の各国でどれくらいの値段で売られているか、ということを探り、それを元に通貨の価値を考えるものです。例えばアメリカでビッグマックが2ドルだったとします。日本で、(あくまで例えばです)200円だったとします。もしも円とドルの交換レートが1ドル85円だったとすれば、本来はビッグマックが170円で売られていていいはずですね。しかしそれが200円で販売されている。この170円と200円の格差をもとに、一体為替レートが的確であるか、各国の経済状況はどうか、ということを考えるのに役立つのです。ここで重要なのはそのメカニズムではありません。それより、この様なIndexが可能であるという事実です。つまり、マクドナルドが世界中に進出し(約120カ国というデータもあります)、ビッグマックを世界で食べることができるからこそ、この様な経済統計が取れます。グローバリゼーションを測る指標がアメリカ化の結果として生まれた社会現象であるということです。

lecture10_4.gif他にも映画、政治経済のニュース、有名な芸能人などを考えると、諸国の知識があるとは言え、やはりアメリカのインパクトが大きいことは否めません。すると、グローバリゼーションは本質的にアメリカ化であって、そこにいくらかの例外がある、ということなのでしょうか? この仮説の信憑性がある程度出てきますね。グローバル化した社会は、アメリカの影響を受けやすくなった社会ということです。必ずしも、全ての国がグローバル化に参画している、というわけではないのです。
議論をする上、そして正しい知識を得る上では、複数の視点を見ることが大切です。次回のレクチャーでは、グローバリゼーションがアメリカ化ではないとする意見を考えてみましょう。

lecture10_7.gif

Written by

記事を書いた人

木内裕也

フリーランス会議・放送通訳者。長野オリンピックでの語学ボランティア経験をきっかけに通訳者を目指す。大学2年次に同時通訳デビュー、卒業後はフリーランス会議・放送通訳者として活躍。上智大学にて通訳講座の教鞭を執った後、ミシガン州立大学(MSU)にて研究の傍らMSU学部レベルの授業を担当、2009年5月に博士号を取得。翻訳書籍に、「24時間全部幸福にしよう」、「今日を始める160の名言」、「組織を救うモティベイター・マネジメント」、「マイ・ドリーム- バラク・オバマ自伝」がある。アメリカサッカープロリーグ審判員、救急救命士資格保持。

END