INTERPRETATION

Vol.3 ディナーラ・ゴレエヴァさん「日本での可能性を求めて」

ハイキャリア編集部

多言語通訳者・翻訳者インタビュー

【プロフィール】
ディナーラ・ゴレエヴァさん

Dinara Goreeva

シケント国立東洋大学日本語日本文学科在学中より、日本国際協力事業団(JICA)にてプロジェクト通訳を務める。大学卒業後、在ウズベキスタン日本大使

館に通訳翻訳者として勤務。2002年来日、横浜国立大学大学院国際社会科学研究科にて研究を行うとともに、フリーランスロシア語通訳者として活躍中。

母国語はロシア語だと伺いましたが。

稚園からロシア語の教育で育ちました。ウズベキスタンが独立した今では、70%がウズベク語の教育になりましたが、当時はロシアの勢力が強かったので、ほ

とんどの人がロシア語教育を受けていました。日常会話程度のウズベク語は話せますが、通訳翻訳レベルではありません。エージェントの方には「ウズベキスタ

ン出身なのに?」と、驚かれるのですが(笑)。

日本語を勉強しようと思ったきっかけは?

語の他に、もう1言語やりたいと思っていたので、大学で日本語を専攻しました。もともとアジア言語に興味があったことと、周りが皆ヨーロッパ言語を選択し

ていたので、何か違うことをやりたいと思って始めました。日本語の文法は、ウズベク語と非常に似ているので、そういう意味では入りやすかったです。ウズベ

キスタンに留学している日本人も、最近はロシア語ではなく、ウズベク語を選択する人が多いんですよ! きっと日本人にとっても、勉強しやすい言葉なのだと

思います。

通訳を目指そうと思ったのは?

学3年のときに、先生の推薦でJICA水道局プロジェクトに派遣されたんです。初めて通訳を経験したんですが、とても面白く、是非とも将来の仕事にしたい

と思いました。当時の日本語力は未熟でしたが、大学の通訳講座や、ロシアで発行されている通訳理論のテキストを元に勉強しました。

日本大使館でのご勤務を経て、2002年に日本にいらっしゃったのですか。

うなんです。大使館では、主に日本文化、教育関連業務、イベントのオーガナイズを担当し、それに付随する通訳翻訳業務も行いました。毎年、日本文化月間の

時期はかなり忙しかったです。通訳に関しても、専門性が要求されるので、とにかく語彙を増やすために、新聞や本を読んで勉強しました。

そうこうするうちに、どうしても日本に行ってみたい! という気持ちが出てきたんです。これまで日本語を勉強してきたので、今度は日本で何か専門的なこと

を勉強したいと思うようになりました。ちょうどその頃、愛知県の豊田バレエ学校から通訳のオファーがあり、日本に行けるチャンス! と思い、迷わず行くこ

とにしました。

現在は大学に?
横浜国立大学の研究生で、国際法を勉強しています。今まで国際法について勉強したことがなかったので、最初は研究生という形で大学に入りました。今月入学試験があって、合格しました! 来年4月、晴れて大学院1年生になります。

法律にはずっと興味を持っていましたが、当時ウズベキスタンに専門家がほとんどいませんでした。日本では、手に入る文献の量も違いますし、今こうやって勉強できることを幸せに感じています。

ショーの振り付け通訳も担当されていらっしゃると伺いましたが。
芸術関係の仕事は、本当に楽しいです。振り付け、リハーサル、本番と何度も見ましたが、いつ見ても感動します。途中から英語通訳もお願いされ、ロシア語・英語・日本語の3言語で通訳したこともありました。

 ショーの出演者と勘違いされたことがあるんです。ある時、コスチューム担当者が現場にいる私を見て、「あら! まだ全然着替えてないし、お化粧もしていないじゃない!」と大騒ぎになりました。「私は通訳者です」と弁解しましたが、あれにはびっくりしました。

現在のスケジュールは?
ロシア語の依頼は毎日あるわけではないので、翻訳をすることもあります。大学は、来年から忙しくなるかもしれませんが、今は研究生なので、割と自由にスケジュールが組めていいですね。
休日はどのようにお過ごしでしょうか。

を動かすことが好きなので、時間があるときにはジムに通っています。家の近くにスポーツクラブがあるんですよ。それ以外は、映画を観に行ったり、友人に

会ったり。学生なので、「飲み会」に行くこともあります(笑)。ウズベキスタンには飲み会がないんですよ。日本の食べ物はおいしいので、いろんなところに

行くのは楽しみです。納豆を初めて食べたときは、その強いにおいが好きになれなかったんですが、今では常に冷蔵庫に入っています。これを食べないと、死ん

じゃう! と思うぐらいに好きになりました。

今後のキャリアプランは?
まずは大学院卒業が目標ですが、今後少なくとも5-6年は日本にいると思います。卒業後も、日本で仕事ができればいいなと考えています。

まだ決めてはいませんが、言葉だけよりも、それを生かして何か専門的なことができるといいですね。ベストは、国際法に関しての仕事です。そのために、これからがんばって勉強します!編集後記

ショー

出演者と間違われた、というエピソードには納得! 見とれてしまいました。現在24歳ということですが、夢に向かってコツコツ努力されている姿は、本当に

素敵です。日本での生活も楽しんでいらっしゃるようで、「飲み会」という言葉がディナーラさんから出てきたときには、びっくりしました!

Written by

記事を書いた人

ハイキャリア編集部

テンナイン・コミュニケーション編集部です。
通訳、翻訳、英語教育に関する記事を幅広く発信していきます。

END