INTERPRETATION

第517回 認知症予防、とは言うけれど

柴原早苗

通訳者のひよこたちへ

先日のこと。朝のラジオ番組を聴いていたところ、興味深い内容が流れていました。それは「語学学習が認知症の予防になる」というものです。確か新聞記事の引用でした(・・・と、そのあたりの記憶が私の中で飛んでいること自体、記憶力面でヒヤリとしていますが、それは別問題ということで)。

キャスターの方のお話をまとめると、

*最近、シニアの間で英会話スクール熱が高まっている
*理由は、語学を学ぶことで脳を鍛えることになるため
*それにより、認知症を防ぐことにつながる

このような内容でした。

これを聴き、私は朝から内心ガッツポーズでした。何しろ私自身、一生通訳者として生きていこうと思っていますので、日々英語の勉強は続けています。仕事でも英語漬けです。ということならば、私は英会話学校へ行かなくても認知症対策はバッチリ、ということになりますよね。シメシメ。

・・・などと高をくくっていれば、どこかで反動(という名のしっぺ返し)は免れないでしょう。いかんせん、通訳の仕事をしていると認知症は防げるかもしれませんが、この業界特有の「心身への多大なる負担」があるからです。ご説明しましょう。

 

まず、「心臓への負担」。
私自身、医師ではないため学術的な論証は申し上げることができません。でも、とにかくこの仕事、「ひたすら緊張」しています。いざ同時通訳が始まれば、心拍数が一気に上がります。自覚できる「心臓ドキドキ音」は年季と現場での図太さ(?)で私自身、大分緩和されて来てはいます。でも、心拍数の乱高下があることに変わりありません。おそらくこれは血圧にも影響があるのではと想像します。私など高校時代から90/60という超低血圧ですが、本番中に血圧が一気に上がっていると確信しています。だからこそ、さほど血圧による影響を受けずに生きていられるのではと想像します。この低血圧数値、毎年人間ドックで指摘されますが、本人はいたって気にせず。

 

二つ目は「耳への負担」。
外部からの音をシャットアウトして話者の声に集中するため、業務中はヘッドホンを使います。ボリュームは自分で調整可能。さすがにMAXにすることはありませんが、それでもかなーり音量は上げています。私の場合、CNNの現場ではヘッドホンの左側を左耳にぴったりあてて英語音声を聞いています。が、右耳ヘッドホンはあえてずらしているのですね。なぜなら自分が訳した日本語を右耳で聞き、日本語として整合性がとれているか確認したいからです。ゆえに左耳「だけ」で英語を聞いているため(&右耳から私の日本語訳以外にも部屋の空調音や雑音などが入るため)、必然的に音量は大きくなります。難聴に気をつけないと大変なことになるでしょう。

 

3点目は「身体のこわばり」。
とにかく緊張しながら訳していますので、業務中は体がこわばっています。ちなみに人間というのは、お風呂に入れば筋肉が緩みますよね。その正反対の状態に身体が同時通訳中は置かれている、と想像すれば何となくおわかりいただけるのではないでしょうか。ただ当の本人は「ミスなくひたすら同時通訳することが至上命題」という状態にいます。よって私自身、自分の体がこわばっていることすら自覚できません。筋膜リリースならぬ、「筋膜リストレイント(restraint=束縛)」あるいは「筋膜キャプチャー(capture=捕縛)」という感じです。

 

というわけで、「認知症予防には語学学習」説。これに私は大いに賛同し、ぜひその恩恵にあやかりたいと思っています。が、通訳業に携わっていると、認知症になる前に「心耳体」に影響が出そうです。ちなみに「心技体(しんぎたい)」は武道における「精神力・技術力・体力」のことですが、「心耳体(しんじたい)」は完全なる私の造語で、「心臓・耳・体」の略です。

でも、そうした未来への心配より、目の前の好奇心を満たしてくれるのがこの仕事の醍醐味なのですよねえ。

(2021年11月23日)

【今週の一冊】

「あたらしいロゴとツール展開」BNN編集部編著、ビー・エヌ・エヌ発行、2020年

私たちが普段何気なく見ている企業ロゴ。特に意識することは無くても、実はその企業の大いなるアイデンティティでもあるのですよね。こうしたデザインというのは、多くの人々のアイデアや会社側の理念など、様々なものを結集させたうえで誕生していることが本書からはわかります。

デザインに携わる方々というのも、生身の人間です。けれども、誰が具体的に図柄を考案したのか、どなたが配色をしたり箱や袋などのレイアウトを決めたりしたのかといったことは、消費者に知らされることはありません。それはまるで通訳者同様、黒子のような状態です。

本書に紹介されているのは、全国のショップや会社のロゴです。老舗のお店がその歴史を大切にしつつ新しいデザインを取り入れ、未来に向けて飛躍しようとしている様子もロゴから伝わってきます。一方では、新しい企業や店舗が、より多くの人々に訴求しようとしていることもわかります。

中でも印象的だったのが、老舗の山本山。あの「上から読んでも山本山、下から読んでも山本山」CMで有名なお店です。最近、創業時の屋号を復活させたのだそうですが、今、見るとむしろ斬新です。古きものが新しく思えるのですよね。こうした例を始め、ダイソーの晴れやかな新ロゴ、地方にある塾のロゴなども、見ているだけでこちらが元気になります。

ロゴは単に消費者向けというだけではありません。そこには企業の思い、理念、そしてお客様に喜んでもらいたいというエネルギーも込められています。これからはロゴを見る際、慈しみの気持ちを持って鑑賞したくなります。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END