INTERPRETATION

社内通訳者のお仕事(派遣の通訳)

ハイキャリア編集部

教えて!通訳のこと

社内通訳者のお仕事

社内通訳者とは

謎のベールに包まれた「社内通訳者」というお仕事…。
社内通訳者とはどのようなお仕事なのか、皆さんは想像がつきますか。
「社内通訳者になるにはどの程度の語学力が必要なのか。」「どのような企業で働くのか。」「雇用形態はどのような種類があるのか。」
ここではみなさんのそんな疑問にお答えします!

社内通訳者として働く

社内通訳者とは企業内に常駐し、その企業内で発生する通訳のお仕事に対応する通訳者のことをいいます。
就業先は外資系や日系の企業など様々です。一例ですが、メーカー、コンサルティング、製薬、IT、銀行、広告、保険など多種多様な企業でニーズがあります。
会社内に外国人社員が在籍している企業だけではなく、外国人社員の在籍はないですが海外と取引している企業などでも社内通訳者のニーズがあります。

主に英語を使う社内通訳者が多く活躍していますが、中国語、韓国語などのニーズもまれにあります。

同時通訳や逐次通訳など求められる通訳の形態は都度変わりますが、ビジネスの現場ではスピード感のある同時通訳が歓迎される傾向にあるため、同時通訳のスキルがあればお仕事の幅が大きく広がります。

また、社内通訳者の仕事内容としては、通訳のお仕事だけでなく翻訳のお仕事も行うことがほとんどです。
通訳だけにこだわらず、翻訳のお仕事にも抵抗がないほうがお仕事を選びやすくなるかもしれません。
通訳、翻訳以外に事務業務やアシスタント業務、秘書業務なども兼任することもあります。

雇用形態

社内通訳者の場合、通翻訳エージェントや人材派遣会社に登録し、派遣契約で就業するケースが多いですが、大手企業などで恒常的に通訳のニーズがある場合は正社員や契約社員として通訳者を受け入れているケースもあります。

1. 派遣契約

通翻訳エージェントや人材派遣会社(=派遣元といいます)に登録し、派遣元と雇用契約を締結し派遣先の企業で就業します。

2.直雇用契約

正社員や契約社員など、企業の直雇用として就業します。
一般の職種と同様、企業に直接応募することになりますが、人材紹介のエージェントなどに仲介してもらい企業に応募することもあります。

ここでは1.の派遣契約での就業について詳しく説明します。
WEBでは様々な通翻訳エージェントや人材派遣会社が通訳の求人情報を掲載しています。
興味のある求人情報を見つけたら、是非その通翻訳エージェントや人材派遣会社に登録をしてみましょう。
各社が登録時に求める通訳スキルや実務経験は多様ですが、ハイキャリア運営元でもある弊社テンナイン・コミュニケーションのように、通訳業務が未経験の場合でも高い語学力や通訳者になりたいという熱い想いをお持ちなら登録を歓迎しているエージェントもあります。相性の合うエージェントや人材派遣会社をみつけるのがポイントです。
通訳の実務経験のある方を募集するお仕事が多いですが、お仕事によっては高い語学力やポテンシャルがあれば未経験の方でも応募可能なものもあります。

語学力を活かして

社内通訳者のお仕事は語学力を生かすことが出来ますので、語学が好きな方には大変向いています。
通訳者になるために通訳学校に通う方が多いですが、入学時に求められるスキルとして英語の場合はTOIEC900点や英検準1級または英検1級程度を目安にしている通訳学校もありますので、大変高い語学力が必要なことが分かります。
また、はれて通訳者としてお仕事を開始したあともスピードの早いビジネスの現場についていくには相当の語学力が求められるため、日々鍛錬が必要です。

その他に求められるもの

社内通訳者は語学力アップの他にも、翌日に通訳を予定している会議の資料を読み込んで単語リストを作成して暗記したり、分からない内容をインターネットで検索し情報を集めたり、また、事前に資料が貰えない会議の場合は過去の会議資料を参考にして当日に出そうな内容を予測したりなど、一日中大忙しです。
また、通訳業務そのものだけでなく会議担当者との資料やスケジュールの連携などの付随業務が必要になることもあり、コミュニケーションのスムーズさも問われます。
社内通訳者は語学力はもちろん気力、体力、情報収集力、社内の複雑なニーズを汲み取る柔軟性などが同時に求められるお仕事です。

社内通訳者になるには

社内通訳者のイメージがだんだん湧いてきたと思います。
ここでは「未経験でもなれるのか。」「お時給はどのくらいか。」「家庭との両立は可能なのか。」など、の疑問にお答えします!

未経験でも挑戦できるのか

前述の通り、社内通訳者は未経験からでも挑戦は出来ます。ただ、高い語学力が必ず必要です。
通翻訳エージェントや人材派遣会社では登録の際に通訳のスキルチェックを設けている場合が多いです。未経験でもその際のスキルチェックの成績が良ければ、お仕事の紹介の可能性が広がってきます。
ただ、未経験の場合は通訳業務専任のポジションでの就業は簡単ではなく、「事務業務メイン+通訳業務」「アシスタント業務メイン+通訳業務」など、他の業務がメインになることが多いです。
また、会議の通訳は難易度が高いため未経験の場合はスキルが足りず、日本人と外国人の間の業務上の簡単なコミュニケーションのサポート業務から始めることもあります。
まずはそのような業務で経験を積みつつ、業務の中での通訳の割合を増やすことを目指すことになります。
ステップアップを目指すべく、より理想の業務内容に近い企業で就業するための転職も社内通訳者にとっては一般的です。

ワークライフバランスに合わせたお仕事選び

コロナ禍以前は企業のオフィスに出社して働く社内通訳者が多かったですが、コロナ禍以降、在宅勤務を取り入れる企業も増えてきています。
Zoomやteamsなどオンラインの会議ツールも幅広く普及し在宅勤務が一般的になってきたため、「子供がまだ小さいので出来れば在宅勤務を希望」「家が遠方だが在宅勤務であればフルタイム勤務可能」など、ご家庭の事情に合わせてお仕事を選びやすくなってきました。
また、残業が出来なくても就業を受け入れてくれる企業もあるため、まずは応募の際に通翻訳エージェントや人材派遣会社のコーディネーターに相談してみてください。
社内通訳者は忙しいお仕事ですが、家庭との両立を目指すことはもちろん可能です!
人生のステージ毎に最適な働き方があると思いますので、コーディネーターと一緒にベストなお仕事を探しましょう。

時給の相場

みなさん社内通訳者のお給与がどのくらいになるのか、ということも気になるかと思います。
業務の難易度によりお時給の設定が異なりますが、派遣で未経験の方の場合は2,000円前後からのスタートになることが多いです。業務の中に通訳が含まれていても事務業務やアシスタント業務メインの場合は、1,000円台後半の設定の人材派遣会社も中にはあるかもしれません。
案件毎に単発で対応しているフリーランス通訳者に比べると社内通訳者のお時給の設定は低いことが多いですが、実務の経験を積みスキルアップしていくうち、だんだんとお時給も上がっていきます。長い期間の努力が求められますが3,000円台、4,000円台のお時給も夢ではありません。
また、群を抜くスキルがある場合はそれ以上のお時給を目指すことも可能です。
スキルと経験がお時給に明確に反映されることも社内通訳者のやりがいのひとつかもしれません。

 

社内通訳者の種類

社内通訳者と一言でいっても様々な働き方があります。
大きく分けると「個人付き」「部署付き」「プール制」の3つに分かれていますが、ここではその3つを詳しくご説明します!

個人付き

「外国人CEO」「日本人事業部長」などの企業内のある特定のポジションの方について通訳を行うお仕事です。そのポジションの方がご参加される会議には専任で対応し、その方がご参加される会議の資料や関連するメール翻訳など、翻訳の対応が発生する場合もあります。
個人付きでは役職の上の方につくことが多いため、通訳スキルはもちろん、社内人としてのマナーもより一層高いものが求められます。

部署付き

企業内の「営業部」「マーケティング部」「IT部」など、ある特定の部署について通訳を行うお仕事です。
その部署で行われる会議には専任で対応をすることになります。部内で発生する翻訳にも対応する場合もあります。
部署付きではその部署が行っているビジネスに関する知識が深められるのがメリットです。

プール制

通訳者が複数名所属する「通訳チーム」などでのお仕事です。
企業内で発生する、ありとあらゆる部署の会議の通訳に対応します。複数名で業務を分担して行うため、チーム内の協力体制が不可欠です。
また、企業内で発生する案件はどんな案件でも対応するため、幅広い知識と会議毎の事前準備が求められます。
プール制では、駆け出しの社内通訳者が先輩通訳者から「通訳のいろは」を学べる点もメリットの一つです。

終わりに

今回はベールに包まれた社内通訳者の実態について、様々な角度から説明をしてきました。
社内通訳者になりたいと思われた方!是非夢への一歩を踏み出してみませんか。
テンナイン・コミュニケーションでは社内通訳者になりたい方はもちろん、社内通訳者として既に稼働をしている方のキャリアアップも応援しています!
以下よりご登録をお待ちしています!
「通訳・翻訳者オンライン登録」https://www.hicareer.jp/careers/online

Written by

記事を書いた人

ハイキャリア編集部

テンナイン・コミュニケーション編集部です。
通訳、翻訳、英語教育に関する記事を幅広く発信していきます。

END