HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第126回 Brexchosisとは?

英国でEU離脱に関する国民投票が行われてから1年半以上たちましたが、今でも「結局は離脱しないんでしょう」とか「また国民投票があるんでしょう」などと言う人がいて驚きます。実際はBrexitに向けて徐々に話が進んでいます。英政権の方針が定まらないとの批判は続いていますが、今後数週間で首相や大臣らが「英国の方針」について次々と合計6回の演説をすることになっています。

その皮切りとなったのが、2月14日(バレンタインデー)に行われたボリス・ジョンソン外相の演説です。ジョンソン氏と言えば、EU離脱派の主要人物。雄弁で当然ながら強硬派。単一市場(the Single Market)からも関税同盟(the Customs Union)からも離脱し、完全な独立国としてグローバルに自由貿易を進めるべきだと主張しています(穏健離脱、強硬離脱については第65回参照)。先週の演説では "Let's unite!" と離脱に向けての団結を訴えました。

そこで今回は、そのスピーチで使われた新語Brexchosisを取り上げます。

Brexitとpsychosis ([saikóusis]と発音、pは黙字で「コゥ」にアクセント)を合わせた造語で[brekskóusis] と発音。最近のイギリス社会について、ジョンソン外相は
...in the current bout of Brexchosis we are missing the truth...
「イギリス人はBrexchosisという病にかかっていて真実が見えていない」と嘆いています。

Brexchosisは、英エコノミスト誌によるとthe Brexit-induced psychosis afflicting the country。

・-induced: ~によって引き起こされた、誘発された
・psychosis: 精神病
・afflict: ~を苦しめる、悩ます

つまり、Brexchosisとは「英国を苦しめている、Brexitが誘発した精神的な病」。EU離脱が決まってから、必要以上にネガティブに考えている人があまりにも多いことを指しています。

これまで英国のEU離脱問題に関して多くの新語が生まれました(第52回参照)。その中では、Brexit以外にもRemainers(残留派)、Leavers/Brexiteers(離脱派)などは英社会ですっかり定着しています。

Brexchosisが今後イギリスメディアで定着するかどうかはともかく、この症状が存在することは否定できません。今後、英政府の方針が明らかになり、EUとの交渉が進む中でBrexchosis患者が完治していくことを願っています。

2018年2月19日

第125回 「春闘」関連の頻出語彙を英訳しよう

毎年この時期になると「春闘」という言葉をあちこちで聞くようになります。通訳の現場でも頻出なので、今回は「春闘」関連の英語記事から実際に使われている表現を取り上げます。日本の話題ですが、あえて英エコノミスト誌が使っている表現を知ることでより自然な表現を学ぶ機会となれば幸いです。

今回取り上げる記事は2018年2月1日付のThe Japanese government's drive to lift wages is gathering steamです。

1.まずは「春闘」を英語で言うと?
このような日本独特の概念を訳すときは、聞き手の知識レベルを推し量って適訳を探すといいと思います。日本の労使事情に詳しい人なら単にshuntoで通じることでしょう。でも一般の人には定訳のspring offensiveと言っても通じにくいので説明を加えるといいでしょう。同記事では[this year's] wage negotiation--an annual rite between employers and unions known as the shunto, or spring offensive--と書かれています。
もう少し簡潔にannual wage negotiations between management and labour unionsなどとも言えます。

2.「賃金」を英訳すると?
一般的にはsalary、pay、wageが使われますが、労使交渉の文脈ではふつうwageが使われます。salaryはふつう事務系で一定期間(月給、年棒)に支払われる報酬を指すのに対し、wageは時給で働く肉体労働者に支払われるイメージです。同記事では、春闘で対象となる賃金 (wages) の説明として以下のように記述しています。
[This figure includes] regular wages, which are made up of "base pay" and a seniority-based element that is raised automatically
賃金体系が欧米とは異なるために説明が加わっています。

3.「ベア」を英訳すると?
これは「ベースアップ」の略ですが、base-upでは通じません。pay-scale increaseやincrease in basic monthly payなどと訳されることもありますが、同記事ではそのような表現は使われていません。ただし、同じような文脈でraise wagesや increase the base wageのような動詞表現が使われています。
ちなみに「昇給」と名詞表現をするときアメリカ英語ではraiseですが、イギリス英語ではriseです。例:pay raise (米)、pay rise(英)

3.「デフレ脱却」を英訳すると?
これも定訳がなく、exit/departure from deflationや動詞表現ではget out of deflation, end deflation, pull out of deflationなどの表現が使われます。同記事ではescape deflationと書かれています。

4.「賃上げ率」を英訳すると?
「率」とあるのでwage increase rateのようにrateを付けないといけないような気がしますが、同記事では使われていません。a paltry rise of less than 1%(1%未満という微々たる賃上げ率), [Asahi Group] plans to raise wages by 3.4%(3.4%の賃上げを予定している), an average pay rise of only 2.3-2.5%(平均賃上げ率は2.3%~2.5%のみ), [He has called for] a 3% increase this year(今年は3%の賃上げを...)などのように表現されています。
(日本語でも「率」がないほうが自然な場合も多いですね)

5.「少子高齢化」を英訳すると?
日本語では頻出の表現ですが、これも定訳がないので色んな表現をみかけます。『トレンド日米表現辞典』によると「少子化」だけでもdeclining birthrate, falling birthrate, reduced birthrate, decline/decrease in the number of children, low fertility, sharp drop in the birthrateが掲載されています。ただ、このような訳に「高齢化」も加えると冗長な印象を受けます。そこで、「少子化」→「人口減少」と捉えてshrinking and aging populationのように表現するとすっきりするのではないかと思います。
同記事ではThe population is falling and getting older...と(S+V)の文で表現されていますが、「少子高齢化が進行し...」に匹敵する英語表現だと思います。

以上、「春闘」関連の表現を紹介しました。

欧州の通訳トレーニングではよくnote the ideas not the wordsと言われますが、 "idea" を理解し、品詞や単語レベルにこだわらず柔軟な表現で訳す勉強になれば幸いです。

2018年2月13日

第124回 digiceuticalって何?

皆さん、こんにちは。まだまだ寒い日々が続いていますが、少しは日照時間が長くなり、春も遠くないと感じます。

さて、皆さんはdigiceuticalという言葉を聞いたことがありますか? これはBrexit(Britain + Exit)のように二つの言葉をくっつけて出来た新語ですが、何と何の組み合わせでしょう?

答えは、digital therapeuticです(-ceuticalは「治療」や「薬剤」の意の接尾辞)。
ここ数年でどんどん進化しているデジタルテクノロジーを利用した治療のことですが、他の健康アプリとの違いは、FDAのような規制当局によって効能が検証・承認され、医者から処方されるものを指し、センサーを使って集められたデータが治療に生かされることが多いようです。

今回は、英エコノミスト誌2018年2月1日号の「A new sort of heath app can do the job of drugs」から気になる用語を紹介します。

まず小見出しにはこう書かれています。
Smartphones are increasingly delivering verified treatments for diabetes, addictions and ADHD
(糖尿病や依存症・ADHDなどの治療にスマホ利用の効果が実証されるケース、増加)

・verify: 立証/実証/検証する
・treatment(可算名詞): 治療法
・diabetes(常にsがついている不可算名詞):糖尿病
diabeticは「糖尿病の」という意の形容詞と「糖尿病患者」という意の名詞用法があり。
・addictions: 中毒、依存症。
本記事によると、喫煙(smoking)や米国で深刻な問題化しているオピオイド中毒(opioid addiction)のほか、アルコールやコカインなどの刺激物の乱用にも効果があるアプリが開発されているという。
・ADHD:attention deficit hyperactivity disorderの略。注意欠陥・多動性障害。
注意力や自己統制力を養えるようなゲームアプリが開発されていて、承認されれば薬剤治療の代わりになるという。

同記事の冒頭では、「23年間も糖尿病を患った患者さんが2016年に処方された治療法によってやっと血糖値が下がり減量もできたのだが、その最新の治療法は新しい錠剤(a new pill)ではなくBlueStarというスマホアプリのおかげだった」というエピソードが紹介されています。

ただし、記事途中にはこのような記述もあります。
Some digiceuticals will work better alongside conventional drugs, rather than on their own--opening up possibilities for alliances between tech and pharma firms.

従来の薬剤の代用としてではなく、併用することによって効果を発揮するdigiceuticalsもあり、テック企業と製薬会社の提携の可能性も開かれる一方、患者が錠剤からソフトウェアに切り替えられるか(many patients will find it hard to believe that software can be as effective as a pill)という問題も残されているようです。

この記事を読んで、かなり前の父の言葉を思い出しました。30年ほど前に糖尿病と診断され、それ以来何人もの医師の診察を受けましたが、「どの医者も信用できない」と嘆いていました。その理由は、どの医師も薬をたくさん処方するだけで誰一人「運動しなさい」と言わなかったからでした。

新たなテクノロジーと医療との組み合わせで、効果的な治療が増えることを願っています。

2018年2月5日

第123回 economic, economy, economical...などecon-で始まる語

皆さん、こんにちは。本コラムを書き始めて123回。数字が1、2、3と並んでいてなんだか嬉しく思いました。いつもお読みくださってありがとうございます。

さて、今回は表題にあるようなecon-で始まる語について取り上げたいと思います。英語でなんとなく理解できても英訳の際に正しく使えるかどうかは別レベル。理解を深めて、使えるようになるといいですね。

1.econ: アメリカの話し言葉ではecon(「イーコン」と発音)は「経済学」のこと。大学で最初に履修する経済学をECON101(「イーコン・ワノーワン」と発音、ミクロ経済:microeconomics)、ECON102(「イーコン・ワノートゥー」と発音、マクロ経済:macroeconomics)と言います。アクセントは第1音節。

2.economy: 「経済」という訳語はご存知でしょうが、「(経済)国」という意味では使いこなせるでしょうか? 例えば「新興国」ならan emerging economy (複:emerging economies)、「経済大国トップ10」ならThe world's 10 biggest economiesなどと表現できます。
 またeconomyには「節約」という意味もあります。自動車関係の会議では「燃費」が話題になることもよくありますが、gas mileage(米)やfuel efficiency以外にfuel economyも使えます。
 いずれにしてもアクセントは第2音節。

3.economicとeconomical: どちらも形容詞ですが、前者は「経済(上)の」でeconomic growth(経済成長)やeconomic reform(経済改革)などの文脈で使われるのに対し、後者は「to make effective use of money' or 'not wasteful or extravagant'(無駄使いをしないで)経済的な、節約になる」などの意味で使われます。an economical car "(維持費があまりかからない)経済的なクルマ"とモノにも使われれば、My mother is economical by nature(母は生まれつき倹約家だ)のように人の形容にも使われます(同義語:frugal, thrifty)。
 いずれにしてもアクセントは第3音節。

4.economically: economicとeconomicalは意味が違うけれども、副詞形にするとどちらもeconomically。an economically advancedのように「経済上/経済的に」と訳す場合もあれば、as economically as possibleだと「できるだけ安上がりに」でcheaplyの意となります。
 アクセントは第3音節。

5.economics: こちらは「経済学」という学問の名前。アクセントは第3音節。

6.economist: 日本語では「経済専門家」「経済学者」「エコノミスト」の違いが議論になることもありますが、どれも英訳するとeconomist。アクセントは第2音節。

以上、econ-で始まる語を解説しました。アクセントの位置をしつこく書きましたが、カタカナで日本語でよく使われる語を英語らしく発音するにはやはりアクセントの位置を正確に発音することが大切です。また冒頭のeは「エ」ではなくて「イー」、つまり「イコノミスト」とか「イコノミック」と発音する人も多いです。

世界全体で経済が順調に成長しており、イギリスでも直近で予測を上回る成長があった(UK economic growth exceeds forecasts)とニュースになったばかりです。日本では春闘の季節。経済成長が個人のお給料に反映されるといいですね。


2018年1月29日


第122回 How many words do you need to speak a language?

早くも一月下旬。この時期になると、「新年の決意は続かず、寒さは厳しく、懐が寂しい」と落ち込む人が多いそうですが、皆さまだいじょうぶでしょうか。

日本人の間でよくある新年の抱負(new year's resolution)には「今年こそ英語が話せるようになりたい!」が含まれる一方、英語圏のイギリスでは、"Learn a new language" がよく挙げられるそうです。そこで、今日はPodcastのMore or Less: Behind the Statistics (BBC Radio 4) (16'24"~)で聞いた興味深い内容をお伝えし、それに関連し辞書のお話をします。

このPodcastでHow many words a native English speaker knows and uses(英語母語話者は何語知っていて、何語使うのか)について取り上げています。一般的には、教育を受けた人が理解できる語(passive vocabulary: 受動語彙)は15,000~20,000語だそうです。
ところが英語の学習者の場合、2,000~3,000語の壁をなかなか越えられないらしく、また超えたとしても学んだ語がmost frequently used words(使用頻度の高い語)ではない問題が指摘されています。例えば、tremendousという言葉を知っていてもgreatを知らない場合などです。greatは日常的に聞く言葉ですが、同義語のtremendousはあまり聞かれないので、頻度の高い語に焦点を置いて学んだ方がいいというアドバイスです。

また最も頻度の高い800語が英語全体に占める割合はなんと75%だそうです。そしてこの800語という基礎がしっかりしていると頻度の低い語も学びやすくなるということでした。

ここで紹介したいのはロングマン英和辞典ロングマン英英辞典です。
まずロングマン現代英英辞典(LDOS、「エルドス」と発音)には次の特徴があります。
*定義語彙:すべての見出し語がThe Longman Defining Vocabularyと呼ばれる約2000語で説明されています。ですから、その2000語を知っていると同辞書の定義(definitions)が理解できるので「初めて使う英英辞典」としてお勧めの辞書です。

そして、ロングマン英和辞典とLDOSの両方で次の特徴があります。

*頻度表示:ロングマン独自のコーパスに基づき話し言葉(S)と書き言葉(W)のそれぞれの頻度上位3000語について、3段階で頻度が表示されています。コーパスとは、膨大なテキスト(話し言葉も含む)のデータベースです。英和辞典の方は、JACET(大学英語教育学会)の分類による頻度も表示されています。ここで、前述のtremendousを引くと頻度表示がないのに対し、greatにはS1、W1、J1の表示がついていることが分かります。つまりtremendousは話し言葉でも書き言葉でも上位3000語に入っていないのに対し、greatは話し言葉でも書き言葉でも上位1000語に入っているということです。

*語義の順序:もう一つのロングマン辞書の特徴は、頻度順の語義説明です。
ほとんどの見出し語(headwords)には複数の語義がありますが、ロングマンでは最も頻度が高い語義から説明されています。それに対し、言葉の歴史に重点を置くオックスフォード辞書では、etymology(語源)から説明されています。例えば、bankを両方の辞書で調べてみると、ロングマンでは「銀行」が第1語義ですが、オックスフォードでは「川岸」が第1語義となっています。

基本的な会話をするためには1000語くらいを使いこなせればいいとのことですが、通訳者は多くの専門用語も学ぶ必要がありますし、理解できるだけではなくて使えるレベルactive vocabulary (能動語彙)にしなければならず、延々と学びが続きます。

在英20年の今でも毎日悲しいくらい新しい英単語に出会います(涙)。それでも、昨日まで知らなかったことを学ぶのは喜びであり、あきらめずに頑張りたいと思います。

2018年1月22日


2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!