HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第77回 先週注目のスピーチ

皆さん、こんにちは。1月も中旬に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか。
前回は、今年注目のニュースを取り上げましたが、そのNo. 1に関連し、先週は印象的なスピーチが3つありました。どれも世界中で報道されているので既にご存知の方も多いでしょうが、以下紹介します。

1.オバマ米大統領の退任演説(President Obama's Farewell Address

退任間近のオバマ大統領が1月10日、シカゴで退任演説を行いました。米大統領が退任演説をホワイトハウス以外のところで行うのはとても珍しいそうです。自身の政治の原点であるシカゴの市民の前での演説では、Four more years!と会場から連呼されるなど、退任が惜しまれているのが伝わってきましたね。医療保険制度改革(オバマケア)の実績を強調したり、米国がいかに移民を受け入れて繁栄してきたかや平和的な外交政策によって問題解決をしたことについて語ったりなど、次期大統領が訴えている政策を牽制する意図が感じられました。冒頭は速攻のユーモアで始まり、途中妻に感謝の意を述べながら目頭を熱くした後、最後に国民を勇気づけるなど、さすがオバマ大統領、やはり名演説! この8年間、オバマ氏のスピーチは通訳練習や英語学習にもずいぶん使われましたが、今回の退任演説も一つの時代の節目を表すスピーチとして51分ありますが、一度通して聞かれるとよいと思います。

2.米次期大統領トランプ氏の記者会見(President-elect Press Conference

一方のトランプ氏は1月11日に大統領当選後初の記者会見を開きました。もともとは、実業家としての立場が大統領職に抵触するかどうかについての説明の場として予定されていましたが、前日にロシアでのスキャンダルに関する疑惑の報道がなされたため、この点が特に注目を浴びました。
就任後、ロシアとどんな関係を結んでいくのか、また自国の情報機関と就任前にこれほどまで対立した後、どのように関係修復するのか(しないのか)大変気になります。
「壁」の件は、記者会見によると「We're going to build a wall.(メキシコとの国境の壁は作る)Mexico in some form will reimburse us for the cost of the wall(その建設費用は何らかの形で後でメキシコから回収する)」とのことで、選挙中の公約を守るつもりのようです。
元弁護士のオバマ大統領は雄弁ながらも時々難しい表現を使うので通訳・翻訳も苦労をしますが、後継者のトランプ氏は、平易な短文で、何度も同じことを繰り返して言うので訳しやすく感じるかもしれません。ただ通訳者泣かせのくだけた(俗語)表現が多く、声を荒げるような場面をどう訳すかなど、別のchallengeがあります。これからトランプ氏のスピーチを聞いたり訳したりする機会も増えるでしょうから、内容に共感するしないにかかわらず、教材として使うとよいでしょう。
以下、この記者会見におけるトランプ氏独特の表現をいくつか挙げます。
・(Buzzfeedについて)a failing pile of garbage(できそこないのゴミの山)
・It's a disgrace...(みっともない/恥さらし/面汚し )、very very、horribleの繰り返し
・Obamacare is a complete and total disaster(オバマケアは完全な大失敗だ)
・(高額の製薬を販売している製薬会社について)getting away with murder (好き放題やっている)。-- 注:ここではmurderは「殺人」ではなく、「それくらいひどいこと→好き勝手」の意。製薬会社だからと言って、「殺しに使う薬を作っていたのに罰せられていない」という意味ではないので要注意。
・I will be the greatest jobs producer that God ever created(私は神が創造した最高の雇用創出者になる。)-- 注:出た!大げさな自画自賛!!
・(米情報機関が流したとされるロシア関連の報道について)It's all fake news. It's phony stuff.(中略)It was a group of opponents that got together--sick people--and they put that crap together.(あれは全て偽ニュースだ。いんちきだ。反対派の病んでる連中が一緒になってあんなひどい話をでっちあげたんだ)-- 注:大統領になるという人が公の場でcrapなどの下品な言葉を使うのも通常考えられないことです。あなたなら、どう訳しますか?
・Give me a break!(勘弁してくれよ)
・(現民主党政権について)we're run by people that don't know what they're doing.(自分が何をやっているのか分かっていない人たちが現在この国の政権を握っている)
・(トランプ氏の事業を引き継ぐ息子たちについて)if they do a bad job, I'll say, "You're fired". (「業績が悪ければ、『おまえらはクビだ』と言うだろう」-- 注:大人気だったテレビ番組The Apprenticeでの名ゼリフを引用)

などなど。大統領就任後も「え、そんなこと言うの?」という発言を次から次へとされるのか、20日以降も要注目です!

3.米女優メリル・ストリープ ゴールデングローブ賞のスピーチ(Meryl Streep Speech The Golden Globes 2017

最後にハリウッド女優のメリル・ストリープがゴールデングローブ賞の授賞式で行ったスピーチを紹介します。かすれ声ながらも、訴えたいことを準備して熱く語られた姿に感激した人も多いことと思います。冒頭でハリウッドがいかに多様性のある人々によって支えられてきたかを訴える言葉も印象的でしたが、障がい者のある記者をまねした権力者(Guess who?)を批判して次のよう述べた言葉は多くの人の心に残ることを望みます。

this instinct to humiliate when it's modelled by someone in the public platform, by someone powerful, it filters down into everybody's life because it kind of gives permission for other people to do the same thing.

Disrespect invites disrespect. Violence incites violence. When the powerful use their position to bully others, we all lose.

(人に恥をかかせてやろうというこの本能を、発言力のある権力者が形にしてしまうと、それは全員の生活に浸透してしまいます。なぜなら、こういうことをやってもいいんだと、ほかの人にも許可を与えることになりますから。
他人への侮辱は、さらなる侮辱を呼び、暴力は暴力を扇動します。そして権力者が立場を利用して他人をいたぶると、私たち皆が敗北することになります)

以上、先週印象に残った3つのスピーチを紹介しました。それぞれ、スピーチ原稿の英語("タイトル&full script"で検索)、日本語訳(翻訳・同通・字幕など)が出ているので、教材として使いやすいのではないかと思います。


第76回 2017年注目の世界ニュース

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
本コラムが配信される頃にはもうすっかりお正月休みも終わり、ふだんの日常生活に戻っているのではないかと思いますが、今年も新年の抱負は立てられましたか? まだ、という方はぜひ第26回の記事を参考にSMARTな目標を立ててみてはいかがですか? 自分が将来どうなりたいかを改めて考え、目標を明確にして、そのために日々努力をし、小さな達成感をたくさん味合うことがステップアップにつながると思います。

では、年の初めということで、今年注目の世界ニュースを3つ選び、キーワードを紹介します。

1.The inauguration of Donal Trump as the 45th President of the United States
ドナルド・トランプ氏がいよいよ1月20日に第45代アメリカ合衆国大統領に就任します。それに合わせinauguration(就任)、assume/take office(就任する)、take the oath(宣誓する)などのような用語がニュースに出るのは必須ですが、就任後は次のような約束を実施するのかどうかに注目です。
・Deporting illegal immigrants with criminal records (犯罪歴のある不法移民の国外追放するのか)
・Building the Mexican border wall(メキシコ国境に壁を建設するのか)
・Imposing a set of protectionist policies(保護主義政策を実施するのか)これにはTPP撤回も含まれます。
・Building a better relationship with Russia including striking a Syria deal(シリア問題での取引を含め、ロシアとの関係が改善されるのか)
その他、中国や日本などとのforeign policy(外交政策)、energy and the environment(エネルギー・環境問題)、tax cuts and infrastructure investment(減税とインフラ投資)、"America First" policy(アメリカ第一主義)などなど数えきれないほどの注目事項があります。

2.Brexit and European elections
Brexitに関しては次の大きな動き「3月末までにリスボン条約第50条を発動するのか(第65回参照)」に注目ですが、離脱交渉においては単一市場へのアクセス(access to the Single Market)とcontrol of immigration(移民の制限)のバランスがどのレベルで合意されるのかが一番のポイントと言えるでしょう。
またオランダ総選挙(the Dutch general election)が3月に、フランス大統領選挙(the French presidential election)が4~5月に、ドイツの連邦議会選挙(the German federal election)が9月にと、ユーロ圏の主要国にて次々と大きな選挙が予定されています。これらの国々においても反EUや反移民を掲げる政党が躍進しているので注目です。a far-right political party(極右政党)、the National Front(国民戦線/ FN)、Alternative for Germany(ドイツのための選択肢/ AfD)などが必須のキーワード。

3.AI(artificial intelligence)
3つ目のトピックとしては、政治ニュースから離れてAI(人工知能)を挙げます。昨年は、人間のプロ囲棋士がAIの対戦相手AlphaGoに負けたことが大きな話題を呼びましたが、自動車や家電製品など日常生活にAIがどんどん取り入れられることが予想されています。キーワードは、まずdeep learning(深層学習,ディープラーニング)。そして音声認識・入力に関連し、voice technology/assistant, computer-dictation systemの他、voice-driven systems/computers/devicesなどの表現があります。これらの技術は自動翻訳通訳とも直結しているので、私たちは特に注意を払うべきでしょう。また膨大なデータの蓄積により、privacy(プライバシー)とsecurity(安全保障)のバランスが懸念されています。加えて、bot(ボット)が今後どのように進化していくのかも注目していきたいと思います。

上記3つのトピックだけでなく、他の興味深いニュースや通訳に役立つ表現を今年も取り上げていきたいと思います。

ところで冒頭で、「新年の抱負を立てて毎日努力しましょう!」と奨励しましたが、実は私の2017年の始まりはそれどころではありませんでした(涙)。大晦日に回転性目まいで起き上がれなくなり、元旦は頭痛が耐え切れず病院の救急病棟(A&E)に駆け付けるという散々な年明けでした。幸い大事にいたらず、あっという間に回復し、無事平常の生活に戻れたことに感謝しています。というわけで、今年は無理のないよう健康第一を心がけたいと思っています。
皆様におかれましても、まずは心と体の健康状態を優先し、その上で学びの多い一年になることを心から願っております。


第75回 本コラムの1年を振り返る

皆さん、こんにちは。いよいよ2016年も終わりが間近となり、本コラムも今年の最終回となりました。そこでこの1年の特集を振り返りたいと思います。冬休みでいつもより少し時間に余裕があるという方、リアルタイムで逃した方、今回のリンクを利用してぜひゆっくり過去の記事もお読みください。

1.Brexit(イギリスのEU離脱)関連
今年の夏はどのメディアもBrexitを取り上げていましたが、イギリス発信の本コラムは2月から11月にわたり何度も話題にしました(第36回第39回第51回第54回第65回第69回)。実際にはまだ具体的な動きがないため、最近はあまりニュースになりませんが、2017年に正式な離脱手続きが始まることになっているので、来年も注目の話題です。

2.アメリカ大統領選、グローバル化
Brexitの騒ぎが落ち着いたころからは世界の関心がアメリカ大統領選に移りましたね。本コラムではトランプ氏の主張の一つ、「グローバル化反対」を懸念しグローバル化のメリットやデメリットについて第67回~第69回で考察しました。
トランプ氏の当選後は、いくつかの新語も生まれたのでTrumponomics(第71回)、Trumpflationなどを紹介しました。こちらも来年早々トランプ氏がついに大統領に就任することになっているので、続編は避けられないことでしょう。

3.類語をまとめて覚えよう! (増加・減少・横ばい・改善・悪化)
第40回第44回では、数字と合わせて使われる言葉をまとめて紹介しました。通訳の場では、数字そのものを正確に訳すことに加えて、その数字が何を意味するのか(増加しているのか、減少しているのか、横ばいなのか)も伝える必要があります。そんな場面で役立つ表現を集めました。

4.Buzzwords
第32回第35回ではバズワードと呼ばれる表現を取り上げました。ビジネスの場で、バズワードを聞いたときにピンとくれば正確に訳出しすることができます。

5.保険用語
第61回第64回は、知っていそうで意外にややこしい保険用語を取り上げました。自動運転車の普及と保険業界の関係を知りたい方は第64回をお読みください。

その他、交渉に役立つ表現は第55回第58回、マネジメント用語は第46回第48回以外にも単発で様々なビジネスニュースを取り上げたので、お正月休みの学びの題材になれば幸いです。

ところで、あなたにとって2016年はどんな1年でしたか? 恐らくどなたにとっても、良いこともあれば嫌なこともあったかと思います。なるべく常に前向きな姿勢を保っているつもりの私でさえ(?)、実は仕事でもプライベートでも落ち込みたくなることも結構ありました。体調を崩して起き上がれない日もありました。でもすべてを学びと受け止め、七転び八起きの精神で少しずつ前に進んでいます。

本コラムのおかげもあって、新たな学びのネットワークも広がりました。TwitterFacebookなどのメディアを通して向上心の高い人々に多く出会い、共に学び、互いに刺激し合うこともできました。感謝しています。

皆さまにとっても学びの多き1年であったことを願います。また本コラムが皆さまの学びに少しでもお役に立っていれば何よりです。


第74回 今年どんな言葉をググりましたか?

年末が近づき、「今年を振り返る」ニュースも増えましたが、先週Googleが2016年の検索ランキングを発表したのはご覧になりましたか? 各国別の検索結果をグローバルの検索結果と比べるのも興味深いです。そこで今回は、日本イギリスグローバルの検索結果を比べてみましょう。

世界共通の今年のトレンドとしてはやはり「Pokemon Go」のようです。他、Donald TrumpやOlympics、iPhone 7、US election(アメリカ大統領選)などが上位にランクイン。日本では、smap、熊本地震、君の名は、シンゴジラ、ピコ太郎、台風10号など日本の文化・災害に関連した用語が急上昇した一方、イギリス・グローバルではDavid Bowie、Prince、Alan Rickmanなど急死が衝撃的ニュースとなった著名芸能人がよく検索されたようです。

興味深い点としては、イギリスではPokemon Goを破ってEuro 2016がトップだったことと言えるでしょうか。Euro 2016(UEFA欧州選手権)は、ヨーロッパ各国の代表チームによって争われるサッカーの大会(4年毎に開催)で、ヨーロッパではワールドカップと同等、一部ではそれ以上に注目されています。6月に開催されるため、イギリスの受験シーズンと重なり、本大会が開催される年は全国の平均点が少し下がるほどだそうです(試験直前にサッカーの試合を見ているから)。また、Euro 2016でイングランドが勝ち進んでいたこともイングランド人の愛国心を煽り、EU離脱に投票した人もいると聞いています。このような現象からイギリス人がどれほどサッカーに情熱を抱いているのかがお分かりいただけると思います。またEU referendum/Brexitは、上記のEuro 2016、Pokemon Go、David Bowie、Donald Trump、Princeを下回ったというのも興味深いですね......。そういえば、国民投票の結果が出た直後にWhat is the EU?という検索が急増したというニュースもありましたね。

またアメリカやイギリスではMeghan Markle(米女優)もかなり検索されたようです。日本にお住いの方にはピンとこないかもしれませんが、今年10月に英王室のヘンリー王子が交際宣言をしたことから注目を浴びるようになりました。

ところで「検索する」は英語で言うと何でしょう?
look upやsearchのほか、ウェブ検索の場合Googleが動詞で使われます。日本語で「ググる」というのに似ていますね。

以上、今年よくグーグル検索された語を取り上げました。皆さんが検索した言葉は上位に入っていましたか? 私はたぶんEuro 2016は今日初めて検索しましたが、前述の他の語はすべて一度は調べたような気がします。来年はどんな言葉がトレンドになるのでしょうね?!


第73回 学力向上のためには何が大切か

皆さん、こんにちは。先週OECD(経済協力開発機構)による国際的な学力調査(PISA)の結果が発表されたのはご存知ですか? 3年毎に発表されるこの調査結果は「教育のワールドカップ」とも言われ各国の教育関係者は心待ちにしているそうです。私自身ロンドンメトロポリタン大学や個人経営のグリンズアカデミーを通して教育・人材育成にかかわっているのでPISAの結果や解説には非常に興味を持っております。そこで今回は、英エコノミスト誌の記事を紹介し、関連用語を取り上げます。

まず教育と経済の関連ですが、OECDの行っている15歳児を対象にしたテスト(PISA)と世界経済には次のような関連性があります。
教育→人材育成→雇用率・生産性の向上→地域経済の発展→国レベルでの経済発展→世界経済の発展
つまり教育に投資することは世界経済の発展につながるということです。

12月10日発行の英エコノミスト誌にはWhat countries can learn from PISA testsWhat the world can learn from the latest PISA test resultsという二つの記事が掲載されています。

Poverty is not destiny. Money isn't everything.
(貧しいからといって運命が決まるわけではない。お金がすべてではない。)

成績というと一般的に「優秀な子は教育熱心な家庭や裕福な家庭に育つ子供」というイメージがあり、それが国レベルになると「先進国の子供は貧困国の子供より成績優秀」ということになります。でも、最新のPISAの結果、これまでの動きを分析するとそれだけではないということが証明されています。

29% of poor pupils score among the top quarter of children across the OECD. In Singapore, Japan and Estonia nearly half of the poorest pupils do.
OECD全体では貧しい家庭で育つ子供のうち、ほぼ3人に1人が上位25%に入っている事実に加え、シンガポール、日本、エストニアなどの教育レベルの高い国々においては貧困家庭の子供のほぼ半数が上位25%に入っている、とのこと。

裕福さと教育レベルの高さの関連は完全に否定できるものではないけれど、それだけでは決まらないという例がいくつか挙げられています。アルゼンチンで実施された教育改革によって教師のストを減らし、教師研修を強化して教育の質を上げたことが成績向上(得点アップ)につながったようです。今回のエコノミスト誌では取り上げられていませんが、「ゆとり教育」から転換した日本が再びトップクラスに返り咲いたことからも教育政策が生徒の学力にかなり直接的に影響を与えていることは明らかです。

The successful children are those who are exposed to good teaching more often.
つまり「質の高い教育を数多く受けることが成功につながる」とのこと。

これは子供の教育だけではなく成人教育にも当てはまると思います。独学も素晴らしいけれど、信頼できる教育者につき学びの機会を増やすことで成長のスピードが上がると日ごろ実感しています。

では最後に日常会話でも役立つ用語をいくつか紹介します。

・がり勉 swot
・おたく nerd
・教育ママ tiger mother (イギリスではpushy parentsのほうがよく見かけます。ママとは限らない?!)
・一夜漬けlast-minute cramming

あれ?! なぜかネガティブなイメージの言葉ばかりが......!

では最後はポジティブな言葉の引用で締めくくります。

Anyone who stops learning is old, whether at twenty or eighty. Anyone who keeps learning stays young. The greatest thing in life is to keep your mind young. -Henry Ford

いつまでも学び続け、若さを保ちたいですね。そして、そのことが究極的には世界経済の発展、グローバル社会の発展につながると信じています。



2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。二児の母。ビジネス会議、国際会議、法廷、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)など様々な通 訳経験ある一方、翻訳では、実務翻訳以外に、ビジネスマネジメント論を説いた『ゴールは 偶然の産物ではない』を始め『GMの言い分』『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに喜びを感じる。 グローバル社会の発展に貢献するために自分ができることを日々僅かながらでも実行している(つもり)。
Follow me on Twitter!