HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう! > 第55回 交渉に関する表現 その1 offer

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第55回 交渉に関する表現 その1 offer

皆さん、こんにちは。先週はイギリスでも連日30度を超える暑さとなりました。イギリスでは「蒸し暑い」ときhot and stickyと言います。イギリス人はToo hot/sticky to sleepと文句を言っていましたが、朝方には20度未満にまで気温が下がるので日本の夏に慣れた人には快適な暑さです。

では今回から数回に分けて、商談の場で役立つ表現を紹介します。

1. counter-offer/ counteroffer: 対案、カウンターオファー
交渉の際に、相手側に出された案に納得できないときに出す別の案。ただし、カウンターオファーを出した時点で、元の案は拒否したことになるので要注意。「オファー」という言葉は「申し出・提示」という意味で日本語でも浸透していると思いますが、英語のofferは動詞でもよく使われます。
offer ~ in return だと、「見返りに~を提供する」

2.fallback position: (希望が叶わない場合の)代案
「交渉の準備段階で代案を考えておくべきだ」
→ You should prepare a fallback position before starting any negotiation.

3.final offer: 最終提示条件
「これ以上は交渉の余地がないから、この条件で受け入れられなければやめてくれ」と強気に出るときに使う慣用表現は
→Take it or leave it.
そのようなオファーをtake-it-or-leave-it offerと言います。

4. give ground 譲歩する/ gain ground 立場が改善する
交渉の過程で譲歩することをgive ground in negotiationと言います。
gain groundだと、前より状況がよくなること。交渉で弱い立場から逆転して優勢になったときに使われます。
ちなみに、紛争地でgain groundというと進撃して陣地を得ること。
「過激派ISがシリアでの陣地を広げた」
→IS gained ground in Syria.

政治の話なら、支持率が上がること。
「スコットランドでの保守党の支持率が上昇した」
Tories gained ground in Scotland.

5.pull out of a deal: 取引から手を引く
pull outには「引き抜く、取り出す」以外に「取りやめる、撤退する」という意味もあります。pull out of a businessだと「事業から手を引く」ですが、pull out of a recessionだと「不景気から抜け出す/脱する」。 

以上、お役に立てれば幸いです。商談と言えば、先週のビジネスニュースで「ポケモンGO」に続いて最も話題を呼んだのはソフトバンクの英ARM買収でしょう。3.3兆円という巨額な買収取引の交渉をたったの2週間で行ったというのも驚きです。ただし孫社長は10年間にわたり密かにARM社の買収を夢見てきたとのこと。ブレグジットで悲観的な見方が多い中、イギリス経済に期待をかける大変うれしいニュースでした。今後のARM社とSoftbankの発展に注目です。


ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。二児の母。ビジネス会議、国際会議、法廷、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)など様々な通 訳経験ある一方、翻訳では、実務翻訳以外に、ビジネスマネジメント論を説いた『ゴールは 偶然の産物ではない』を始め『GMの言い分』『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに喜びを感じる。 グローバル社会の発展に貢献するために自分ができることを日々僅かながらでも実行している(つもり)。
Follow me on Twitter!