ENGLISH LEARNING

「対象」はこう訳す①

ハイキャリア編集部

あなたはどう訳す?通訳者も悩む日本語表現

みなさん、こんにちは!
今回の日本語表現は、『対象』です。

「対象」という言葉は、書き言葉、話し言葉問わず、どんなシチュエーションにおいても使えるとても便利な日本語です。「対象」というだけで、「何に対してそれが向けられているか」が伝わりますよね。しかし、英訳する場合には、「対象」がどのような意味やニュアンスを持つのかきちんと理解しないと、文脈にそぐわない文章になってしまいます。
そこで今回は、「対象」を使った文章の英訳3例をご紹介します。

(1)「2万円以上お買い上げいただいたお客様を対象に、1000円分の商品券をプレゼント致します。」
Customers who purchase products amounting to 20,000 yen or more are eligible to receive a gift card of 1,000 yen.
● eligible to = ~の資格がある
「~することができる」対象というニュアンスの場合には、eligibleがよく使われます。「対象者」という書き言葉の場合は、Eligibilityと一言で訳すこともできます。

(2) 「社会保険の加入対象は、所定労働時間が週30時間以上の労働者です。」
Employees who work at least 30 hours a week shall be covered under social insurance.
● be covered under = ~が適用される
coverは、法律や制度、規制などが「適用される」という意味があります。文脈によっては、coverと同じようにapply toを使うこともできます。

(3) 「煽り運転は、危険な行為の上、重大な刑事処分の対象となりうる。」
Tailgating is not only dangerous, but is also subject to severe criminal punishment.
● be subject to = ~を受ける、課される
対象の訳にsubjectを使う場合、受け身的なニュアンスを与えます。subjectを名詞で使うこともでき、この場合もsubject of research 「研究対象」(研究されるもの)、subject of investigation 「調査対象」(調査される人、もの)とやはり受け身的なニュアンスが含まれます。

 

★編集部からのお知らせ★
これまで1700社以上のグローバル企業に、通訳・翻訳・英語教育といった語学サービスを提供してきた経験から、通訳メソッドを活用した効果を実感いただける英語プログラムをご提供しています。
英語のプロ、通訳エージェントが開発したプログラムをぜひお試しください。
無料カウンセリング実施中です。
●ビジネスに特化したアウトプット重視の1ヶ月集中プログラム
One Month Program

Written by

記事を書いた人

ハイキャリア編集部

テンナイン・コミュニケーション編集部です。
通訳、翻訳、英語教育に関する記事を幅広く発信していきます。

END