ENGLISH LEARNING

「対象」はこう訳す②

ハイキャリア編集部

あなたはどう訳す?通訳者も悩む日本語表現

みなさん、こんにちは!
先週に引き続き、今回の日本語表現は、『対象』です。

前回のコラムではバリエーションに富んだ表現が登場しましたが、今回はさらに4例ご紹介します。

(1)「この商品の対象年齢は5歳以上です。」
This product is suitable for children aged five and up.
● be suitable for = ~に適している
この場合のbe suitable forには、「安全に使用される」というニュアンスを含んでいます。Not suitable for children under 3 years of age(3歳以下の子供には使用しないでください。)のように否定形になると、この「使用する」というニュアンスがより明確になります。

(2)「このテキストは中級レベルの英語学習者が対象です。」
This textbook is intended for intermediate level English learners.
● be intended for = ~向けの
be intended for には、「商品や製品が作られた目的」というニュアンスが含まれています。例えば、This fund is intended for emergency use only.という文章だと、「緊急時のため(目的)だけのお金」と、この「目的」というニュアンスがわかりやすいのではないでしょうか。

(3)「初めてサービスをご利用頂いたお客様がこのキャンペーンの対象です。」
This deal is limited to first-time users of our services.
● be limited to = ~に限られる
この文章で使われている「対象」は、「~に限定される」という意味だと解釈できるため、be limited toを使って英訳しました。

(4)「彼のSNS上での発言が批判の対象となった。」
His post on social media became the object of criticism.
● object of = ~の的になる
objectには、「対象物」や「目標」という意味があり、そこからobject of ~=「~の的」という意味で使われます。例えば、object of admirationは「憧れの的、対象」です。

 

★編集部からのお知らせ★
これまで1700社以上のグローバル企業に、通訳・翻訳・英語教育といった語学サービスを提供してきた経験から、通訳メソッドを活用した効果を実感いただける英語プログラムをご提供しています。
英語のプロ、通訳エージェントが開発したプログラムをぜひお試しください。
無料カウンセリング実施中です。
●ビジネスに特化したアウトプット重視の1ヶ月集中プログラム
One Month Program

Written by

記事を書いた人

ハイキャリア編集部

テンナイン・コミュニケーション編集部です。
通訳、翻訳、英語教育に関する記事を幅広く発信していきます。

END