INTERPRETATION

第263回 「考えが一致する」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

see eye to eye (考えが一致する) 
Although we have completely different tastes, we always see eye to eye.  (私たちは完全に好みが違うのですが、いつも考えは一致するのですよね。)

******

「考えが一致する、同じ意見である」を英語でsee eye to eyeと言います。文字通り訳せば、「目と目が合う」ですが、もともと旧約聖書「イザヤ書」からの一節です。辞書によっては否定形のdo not see eye to eye(意見が一致しない)で使われるとの説明もありますが、調べてみると、肯定文でも使われているようです。

ところで似たような表現でeyeball to eyeballがあります。こちらは口語フレーズで「にらみ合って、向き合って」という意味です。eyeballは「眼球」ですので、単なるeye(目)よりもインパクトが強そうですよね。

2022年初回の本コラム、いかがでしたか?今年もみなさまのお役に立てるよう、様々な言い回しをご紹介してまいります。引き続きよろしくお願いいたします!

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END