TRANSLATION

第40回 原書をどうやって探すのか③

サイトデフォルト

あなたを出版翻訳家にする7つの魔法

①シンクロニシティ選書術」「②同質の原理選書術」に引き続き、原書探しにも応用できる選書術をご紹介します。

③装幀選書術

「ジャケ買い」というように、本のカバーデザインやイラストに惹かれて選ぶこともあるでしょう。これはとても賢い選び方だと思います。なぜなら、装幀もひとつの「言語」だからです。その言語で本の内容を伝えてくれているので、装幀に惹かれたのなら内容にも惹かれる可能性が高いのです。

実際、装幀家の菊地信義さんは著書『新・装幀談義』の中でこう述べています。

「装幀とは、言葉で表出された作品の印象を、本の材質や文字の姿、色調や図像でとらえ、構築する。人の目や手に届ける批評でもある。作品に紙や文字の注文など書かれていないが、作品が読む者の内から、文字や色の印象をすくいあげてくれる。装幀者に必要なことは、構築する要素の豊かな知識と、それが人にもたらす意味や印象を深く理解することだ」

このことを強く感じたのは、『白い花と鳥たちの祈り』という小説を読んだときです。装幀の醸し出すたたずまいに惹かれたのがきっかけで読み、世界観にとても惹かれました。読後に再度装幀を眺めて、「この作品の世界観をこんなに的確に装幀で表現できるなんて!」と驚いたのです。なにも登場人物や作品中のモチーフを用いているわけではないのですが、作品世界と装幀がぴったり重なるのです。

原書選びにも、この装幀選書術を応用できるでしょう。私が『なにか、わたしにできることは?』の原書を手に取ったのも、その装幀を含めたたたずまいがきっかけでした。

感覚的なものを活かしやすい選書術なので、「今の日本のマーケットはこうで、ニーズはこうで」と頭で考えて選ぶよりも、自分にしっくりくるものを見つけやすいと思います。

その時点では「どうしてこの本が気になるんだろう」と理由がわからなくても、後になって「自分の人生とこういう点で重なるんだ」と気づくこともあるでしょう。だから気になる原書に出逢ったら、手に入れておくことをおすすめします。

「①シンクロニシティ選書術」「②同質の原理選書術」「③装幀選書術」、ぜひフル活用してあなたにぴったりの原書を見つけてくださいね。

そして、もうひとつおすすめなのが、「人に探してもらうこと」。「こういう原書を探している」と普段から人に話すなどして発信しておくのです。そうすると、「そういえば、この間出張でニューヨークに行ったときに立ち寄った書店で、こんな本があって……」というように、情報をもらえるようになります。ひとりで探すのが一本のアンテナを立てるようなものだとしたら、人に伝えることで何十本、何百本ものアンテナを立てることができるのです。

そのための近道は、自分が人のために何かをしてあげることだと思います。あなたから何かもらおうとするばかりの相手に、何かをあげる気にはなれないですよね? だけどいつも何かを与えてくれる相手なら、あなたも何かあげたいと思うことでしょう。結局、自分が人に対して何かを望むなら、自分から率先して望むことをするのがいちばんなのです。

 

※この連載では、読者の方からのご質問やご相談にお答えしていきます。こちら(私の主宰する日本読書療法学会のお問い合わせ欄になります)からご連絡いただければ、個別にお答えしていくほか、個人情報を出さない形で連載の中でご紹介していきます。リクエストもあわせて受け付けています。

Written by

記事を書いた人

サイトデフォルト

日本読書療法学会会長
パーソンセンタードケア研究会講師
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー

長崎県出身。幼少時より南米諸国に滞在。東京大学法学部卒業。
多数の外資系企業での通訳を経て、現在は講演、執筆、翻訳活動。
出版翻訳家として認知症ケアの分野を中心に英語の専門書を多数出版するほか、スペイン語では絵本と小説も手がけている。日本読書療法学会を設立し、国際的に活動中。
ブログ:https://ameblo.jp/teradamariko/


『認知症の介護のために知っておきたい大切なこと~パーソンセンタードケア入門』(Bricolage)
『介護職のための実践!パーソンセンタードケア~認知症ケアの参考書』(筒井書房)
『リーダーのためのパーソンセンタードケア~認知症介護のチームづくり』(CLC)
『私の声が聞こえますか』(雲母書房)
『パーソンセンタードケアで考える認知症ケアの倫理』(クリエイツかもがわ)
『認知症を乗り越えて生きる』(クリエイツかもがわ)
『なにか、わたしにできることは?』(西村書店)
『虹色のコーラス』(西村書店)
『ありがとう 愛を!』(中央法規出版)

『うつの世界にさよならする100冊の本』(SBクリエイティブ)
『日日是幸日』(CLC)
『パーソンセンタードケア講座』(CLC)

END