TRANSLATION

日本語と英語の表記法の違いをどう処理するか(2)

宮崎 伸治

出版翻訳家による和訳レッスン

日本語と英語の表記法の違いをどう処理するかについては、以前にもご説明したことがあります。要点としては、英文の中にイタリック体が使われていたり、小文字で表記すべきところが大文字になっていたりする場合、それによって原著者が何を表現しようとしていたかを考え、そのニュアンスを訳出することを心がけることです。

今回は前回ご紹介した例とは別の例で考えてみましょう。

まずは小文字で表記すべきところが大文字で表記されている場合です。

The problem MUST be solved.

直訳:その問題は解決しなければならない。

直訳すればこうなりますが、これでは The problem must be solved. を訳したのとまったく同じになってしまい、must がMUSTと大文字で表記されている意味が反映されていません。

では、それを反映した訳文にするにはどうすればいいでしょうか。MUSTを強調して訳してみましょう。

宮崎訳:その問題はなんとしてでも解決しなければならないのだ。

このように意図的に大文字と小文字を逆転してある場合、訳の中に著者のいわんとするニュアンスを表現することを心がけましょう。

次はイタリック体が使われている例を見てみましょう。

「傲慢な人であればあるほど、相手が服従することを求める。しかし、さまざまな原則を知れば知るほどそのような傲慢さはなくなり謙虚になる」という文に続く箇所です。

We become less concerned about who is right and more concerned about what is right.

直訳:誰が正しいかに対する関心は薄れて行き、何が正しいかに対する関心が増す。

このように訳せば、who とwhatがイタリック体になっていない場合とまったく同じ訳になってしまいます。著者はwho とwhatを強調したいがためにイタリック体にしているわけですから、それを訳文の中に表現しましょう。どうすればいいでしょうか。

方法は3つ考えられます。1つ目は字体を変えることです。2つ目は傍点を付けることです。3つ目はカッコ付きにすることです。ここでは字体を変えてみましょう。

宮崎訳:誰が正しいかに対する関心は薄れて行き、何が正しいかに対する関心が増す。

この例のように強調するためにイタリック体が使われる場合がありますが、それ以外にも著者による造語であることを示すためにイタリック体が使われている場合があります。その例を見てみましょう。

著者は、いまの社会はどんな社会であると言っているのでしょうか。

We live in an environment inundated by human doing, more than human being.

とまどってしまうのは、human doing でしょう。human being は「人間」という意味ですが、human doing という言葉はそもそも存在しません。この著者が作った造語だからです。

とりあえず、この2カ所を英語のまま残して直訳してみましょう。

直訳:私たちは、human being よりもhuman doing によって満たされた環境に住んでいる。

では、human being とhuman doing の解読に取りかかりましょう。著者がわざわざイタリック体を使っているときは、なんらかの意味があるからです。この場合では、著者が意図的に造語を使っていることを示しています。

では、どういう意味の造語なのでしょうか。それを解読する鍵はbeing とdoing の違いにあります。being には「~であること」という意味が、doing には「行為」という意味があることを考えれば、human being が「人間であること」を意味し、human doing が「人間が行なうこと」を意味していることが分かるでしょう。それを訳出してみましょう。

修正訳:私たちは「人間であること」よりも「人間が行なうこと」によって満たされた環境に住んでいる。

この訳では、まだ意味がすっと入ってきませんね。もう少しかみ砕いた訳に修正してみましょう。

宮崎訳:今の社会は「どういう人間であるか」よりも「何を成し遂げるか」を重視する社会である。

以上、今回のレッスンでは、日本語と英語の表記法の違いをどう処理するかについて前回とは別の例を挙げてご説明してみました。

拙書『出版翻訳家なんてなるんじゃなかった日記』(三五館シンシャ)が発売中です。出版翻訳家(およびその志望者)に向けた私のメッセージが詰まった本です。参考まで手に取っていただければ幸いです。

また、『自分を変える! 大人の学び方大全(仮)』(世界文化ブックス)が2021年12月刊行予定です。お楽しみに。

Written by

記事を書いた人

宮崎 伸治

広島県生まれ。大学職員、英会話講師、産業翻訳家を経て、文筆家・出版翻訳家に。
産業翻訳家としてはマニュアル、レポート、契約書、パンフレット、新聞記事、ビジネスレター、プレゼン資料等の和訳・英訳に携わる。
出版翻訳家としてはビジネス書、自己啓発書、伝記、心理学書、詩集等の和訳に携わる。
著訳書は60冊にのぼる。著書としての代表作に『出版翻訳家なんてなるんじゃなかった日記』(三五館シンシャ)が、訳書としての代表作に『7つの習慣 最優先事項』(キングベアー出版)がある。
青山学院大学国際政治経済学部卒業、英シェフィールド大学大学院言語学研究科修士課程修了、金沢工業大学大学院工学研究科修士課程修了、慶應義塾大学文学部卒業、英ロンドン大学哲学部卒業、日本大学法学部および商学部卒業。
英検1級、英単語検定1級等英語・翻訳関係の資格23種類を含め、法律関係、IT関係、教養関係等の資格を含め合計130種類を超える資格保持。
趣味は英語、独語、仏語、西語、伊語、中国語の原書を読むこと。
ソフィア・外国語研究協会代表
https://w-sophia.com

END