TRANSLATION

英和辞典を引く手間を省かない

宮崎 伸治

出版翻訳家による和訳レッスン

今回は、ある程度実力のある翻訳家が陥りやすい初歩的なミスの一つについて述べてみたいと思います。

「生兵法は大けがのもと」ということわざがあります。意味は「少しばかりの知識や技術は、それに頼ったり自負したりして、かえって大失敗をする」ことですが、ある程度の実力のついた翻訳家がやらかしてしまうのが、自分の語彙力を過信するがあまり英和辞典をひく手間を省くことです。

じつは、語彙力を過信している私自身、以前、ミスをおかしたことがあります。そのときのことを例としてご紹介しましょう。

まずは英文をじっくりと読んでみてください。これは人が「brown(茶色)」にどのようなイメージをもっているかが説明してある文章です。あなたならどう訳しますか。

We think of brown as the color of earth and forests, but also of home and hearth – for it is the color of bread and baskets.

さて、この英文の中で、やや難易度が高めの単語といえば、hearth でしょう。この単語を知らない人であれば、当然、辞書をひくことでしょう。だから誤訳する可能性が逆に低くなるのです。

しかし、「hearth」が「炉辺、暖炉のそば」だと知っている人は、わざわざ辞書を引くという手間を省きたくなるものです。そういう人は次のような訳をすることでしょう。

直訳:私たちは茶色を土や森の色として考えます。しかし、家と暖炉の色としても考えます。なぜなら、それはパンとバスケットの色だからです。

じつは私自身、このような訳で問題はないと思っていました。

しかし、訳文を読み直してみてください。なぜ、パンとバスケットの色だったら、家と暖炉の色と見なされるのでしょうか。家と暖炉がどうつながるのでしょうか。はたして「暖炉」の色は茶色といえるのでしょうか。

「暖炉」といえば、炎が燃えさかっているイメージがありますから、色として喩えるなら「赤」とか「黄」ではないでしょうか。日本と英語圏では色の認識が異なる可能性があるにしても、「暖炉」が「茶色」とは考えにくいですね。

なまじっか語彙力に自信のある人なら、「でも、home and hearthと書いてあるではないか。だから、家と暖炉の色にまちがいない」と反論してしまうでしょう。

しかし、それでは意味が通じない訳文ができあがってしまいます。

こういうときに頼りになるのが英和辞典です。さっそく英和辞典をひいてみましょう。

hearthという単語の意味を英和辞典で調べてみると、「路床」のほかに「家庭」という意味が載っていました。

また、英米人にとってhearthとは「家族だんらん」というイメージがある言葉であることも説明してあり、hearth and home で熟語として「家庭」という意味で載っていました。

つまり、上の英文のおいてはhearthを「暖炉」などと訳しては間違った訳になるのです。hearth and home で「家庭」と訳すべきでした。さっそく訳し直してみましょう。

宮崎訳:私たちは茶色を土や森の色として考えます。しかし、茶色はパンとバスケットの色でもあることから、家庭的な色としても見なされます。

hearth という単語を知らない人であれば、最初から英和辞典を引いていたことでしょう。そしてそのときに hearth and home という熟語にも目がとまっていたことでしょう。

しかし、なまじっか中途半端な語彙力がある人の場合、「hearth=暖炉」とやりがちなのです。「生兵法は大けがのもと」とはこういうことを言うのでしょう。

英和辞書をこまめに引く習慣はいつまでも持っていたいものです。特に、訳文を仕上げるときは、何度も訳文を読み返し、論理的におかしい箇所があれば、英和辞典をひいてみましょう。語彙力に自信がある人ほど、英和辞典をひく手間を省きがちですので、そういう人ほど注意しましょう。

40年も前になりますが、私が翻訳家になることを夢見始めた頃は、電子辞書など存在していませんでした。しかし今では電子辞書もそれほど高価でなくなり、多くの人が当たり前のように高性能な電子辞書を持つようになりました。電子辞書であれば、サササっと引くことができますので、なおさら引く手間を惜しまないようにしましょう。スピードが重要ではないとは言いませんが、間違った訳をするくらいなら時間をかけてでもより良い翻訳を志すべきでしょう。

 

拙書『出版翻訳家なんてなるんじゃなかった日記』(三五館シンシャ)が発売中です。出版翻訳家(およびその志望者)に向けた私のメッセージが詰まった本です。参考まで手に取っていただければ幸いです。

また、『自分を変える! 大人の学び方大全』(世界文化ブックス)が発売中です。英語の学習の仕方についても述べておりますので、興味のある方はお手にとっていただければ幸いです。

Written by

記事を書いた人

宮崎 伸治

広島県生まれ。大学職員、英会話講師、産業翻訳家を経て、文筆家・出版翻訳家に。
産業翻訳家としてはマニュアル、レポート、契約書、パンフレット、新聞記事、ビジネスレター、プレゼン資料等の和訳・英訳に携わる。
出版翻訳家としてはビジネス書、自己啓発書、伝記、心理学書、詩集等の和訳に携わる。
著訳書は60冊にのぼる。著書としての代表作に『出版翻訳家なんてなるんじゃなかった日記』(三五館シンシャ)が、訳書としての代表作に『7つの習慣 最優先事項』(キングベアー出版)がある。
青山学院大学国際政治経済学部卒業、英シェフィールド大学大学院言語学研究科修士課程修了、金沢工業大学大学院工学研究科修士課程修了、慶應義塾大学文学部卒業、英ロンドン大学哲学部卒業、日本大学法学部および商学部卒業。
英検1級、英単語検定1級等英語・翻訳関係の資格23種類を含め、法律関係、IT関係、教養関係等の資格を含め合計130種類を超える資格保持。
趣味は英語、独語、仏語、西語、伊語、中国語の原書を読むこと。
ソフィア・外国語研究協会代表
https://w-sophia.com

END