ENGLISH LEARNING

「心配」に”anxious”はNG!

ハイキャリア編集部

通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語

○月○日、IT部門に勤めるFさんは、新システムの導入業務を担当していました。カットオーバーを2週間後に控え、Fさんはいくつか懸念点をチームに共有しました。
しかし、そこで通訳者AはNG英語を聞いてしまったのです。

◆NG文◆ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
I’m anxious about a few things regarding the cut over.
(カットオーバーに関していくつか懸念していることがあります。)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

anxiousには「心配している」という意味もありますが、「多くの問題を抱えていて、気が気でなく、精神的に参っている状態」を指していますので、この状況では聞き手にかなり不安感を与えてしまいます。
また、名詞anxietyを使っても同様に「非常に大きな不安」を抱えていることになります。
(✖I have some anxieties regarding the cut over.)
※形容詞anxiousよりも強い「心配」の度合いになります。

◆オススメ英語◆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
I’m concerned about a few things regarding the cut over.
(カットオーバーに関していくつか懸念していることがあります。)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

≪ポイント解説≫
ビジネスの場で「不安・懸念」を表すにはconcernが適切です。

<形容詞で使う場合>
I’m concerned about a few things regarding the cut over.
(カットオーバーに関していくつか懸念していることがあります。)

<名詞で使う場合>
I have some concerns about a few things regarding the cut over.
(カットオーバーに関していくつか懸念していることがあります。)

※worryという単語もありますが、worry(心配)には感情的なニュアンスがあり、concernはあくまでも「懸念」を表します。つまりworryの方がconcernよりほんの少し不安の度合いが強いといえますが、ほとんどの場合は、使い分ける必要はありません。

ちなみに、実は今回出てきたanxiousには以下のような使い方もあります。

■be anxious to: ~したくてたまらない(=be eager to)
例:I’m very anxious to see you sometime next month.
(来月のどこかで、ぜひお会いしたいと思っております。)
いずれにせよanxiousは「不安で落ち着かない状態」を表しています。上記の文章も「会いたい理由=何かしらの問題を解決したいから」となります。

 

★編集部からのお知らせ★
これまで1700社以上のグローバル企業に、通訳・翻訳・英語教育といった語学サービスを提供してきた経験から、通訳メソッドを活用した効果を実感いただける英語プログラムをご提供しています。
英語のプロ、通訳エージェントが開発したプログラムをぜひお試しください。
無料カウンセリング実施中です。

●ビジネスに特化したアウトプット重視の1ヶ月集中プログラム
One Month Program

Written by

記事を書いた人

ハイキャリア編集部

テンナイン・コミュニケーション編集部です。
通訳、翻訳、英語教育に関する記事を幅広く発信していきます。

END