INTERPRETATION

第95回 「解決する」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

iron out 解決する

Although the team won the match, the captain says there are some issues to iron out.

チームは試合に勝ったものの、解決するべきいくつかの課題があるとキャプテンは述べています。

 ironは「アイロン」という名詞のほかに、「アイロンをかける」という動詞としても用います。今回ご紹介するiron outは「アイロンでしわを伸ばす」という句動詞ですが、ほかにも「(問題などを)解決する」という意味があります。ぐちゃぐちゃの状態からしわを伸ばしてきれいにするかのようなイメージが思い浮かびますよね。過日行われたサッカー日本代表対オーストラリアの試合では日本が2対1で勝ち、その様子は英字新聞The Japan Newsでも大きく取り上げられていました。その中でSean Carroll記者は”Maya Yoshida said there are still creases to be ironed out.”と吉田麻也選手について記しています。creaseは「しわ」ですので、「課題はまだある」という状況を表しているのがわかります。

 さて、ironは「鉄」という意味もありますが、なぜ化学記号ではFeなのでしょうか?これも語源を調べるとすぐにわかります。Feというのはラテン語のferrumから来ているのです。ちなみに「ナトリウム(Na)」は英語でsodiumで、Naはドイツ語のNatriumに由来します。一方、「銅(Cu)」はcopperで、ラテン語のcuprumから化学記号は来ています。

 本稿執筆の際に元素記号表を改めて眺めているのですが、色々な記号があり実に興味深いですね。原子番号95は「アメリシウム(Am)」、102は「ノーベリウム(No)」、99は「アインスタイニウム(Es)」、111は「レントゲニウム(Rg)」とあります。人名や国名が付いているのを見ると、化学の進歩を感じます。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END