INTERPRETATION

第109回  「意見を出す」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

chime in 意見を出す

If you would like to chime in on this topic, please access our website.

このトピックについてご意見を述べたい方は、弊社のウェブサイトにアクセスなさってください。

 chime自体は「チャイム」という名詞や「チャイムで知らせる」といった動詞がありますが、chimeに前置詞のinを付けることで「意見を出す」という意味になります。英語はこのように基本単語に前置詞が付くことで句動詞となり、元の単語とは異なる語義が生じます。それを知るのも英語学習の楽しみですよね。

 ところで日本の小中学校で使われている授業のチャイムはロンドンの「ビッグベン」の鐘が元となっています。インターネットで調べたところ、日本だけでなく台湾の学校でも使われているようです。ちなみに私が幼少期に過ごしたイギリスの小学校にチャイムはなく、非常ベルを10秒ほど鳴らすというものでした。業間休みの終わりの際には、係の児童がハンドベルを鳴らしており、風流でした。

 さて、ベルの鳴る音は英語でding-dongと言います。英和辞典を見ると「(鐘の音の)ゴーンゴーン、ガランガラン、ジャンジャン」などとあります。ただ、同じ「ゴーンゴーン」でもこの場合、日本のお寺の鐘とは明らかに異なりますよね。音の表し方や動物の鳴き声なども英英辞典で調べてみると、ネイティブのニュアンスが伝わってきます。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END