TRANSLATION

第26回 「わかる」を「できる」に

Mariko Terada

あなたを出版翻訳家にする7つの魔法

断られたら、次に。また断られたら、また次に。そうやって企画が通るまで進みつづけましょう。

どれくらい時間がかかるかは個人差があります。すんなり企画が通る場合もあれば、長年かかる場合もあるでしょう。私も、出版社を探し出してから3年ほど経ってようやく本になった経験があります。あきらめずに、気長に、企画が通るまで続けてくださいね。

この連載で、「あなたを出版翻訳家にする7つの魔法」をすべてお伝えしてきました。ここまで読んでくれたあなたなら、何をどうすればいいのか、もうわかったはず。だけど、「わかる」のと「できる」のは別物です。そう、魔法は使わなければかからないのです!

だから、ここから「わかる」を「できる」に変えていきましょう。小さな一歩で構いません。踏み出せば、確実に未来は変わるのですから。

「翻訳学校になんとなく通っているけれど、このままで本当に出版翻訳家になんてなれるのかしら」「いつか出版翻訳家になりたいけれど、何をどうすればいいのかわからない」……そんなふうに、いままでは、先が見えない道だったと思います。だけどいまは、「進めばたどり着けることが確実な道」があるのです。

第6回の連載でもお伝えしたように、あなたがこれからやっていくのは、とても地味で地道なことです。それを支えるのは「書物への愛」「言語への愛」そして「こんなに素晴らしい本があるのだから、ぜひ日本に伝えたい!」という「宗教家のような情熱」なのだと思います。そこに自分の喜びの源泉があるのなら、きっと続けていけるでしょう。

私も、次の本の翻訳にいま取り組んでいます。どこから出版するかは未定のまま進めていますが、「この分野にこんなアプローチはいままで日本になかった。これはぜひ伝えなくては!」という気持ちが推進力になっています。もしかしたら、その本が出版される頃には、この連載の読者の方が出版翻訳家デビューしているかも……と楽しみにしています。

くじけそうになったら、この連載を繰り返し読んで、またぜひスタートしてください。「こんな企画が通った」という声を聞ける日を心待ちにしています!

次回からは、読者の方からのご質問にお答えしていきたいと考えています。「この部分をもっと詳しく知りたい」「こういう場合はどうすればいいの?」「ここで行き詰まってしまった」など、知りたいことや困っていることを教えてください。こちら(私の主宰する日本読書療法学会のお問い合わせ欄になります)からご連絡いただければ、個別にお答えしていくほか、個人情報を出さない形で連載の中でご紹介していきます。きっと同じようなことで悩んでいる方は多いはずなので、「こんな初歩的な質問をしてもいいのかしら」などと遠慮せず、あなたが前に進むために必要なことを教えてくださいね。

他にも、「こんな企画を求めている」「こういう原書なら歓迎」という情報を交えた編集者さん側へのインタビューなど、出版翻訳家になりたいあなたをサポートできる内容を考えています。こちらも、リクエストがあればお知らせくださいね。

一緒に「わかる」を「できる」に変えていきましょう!

Written by

記事を書いた人

Mariko Terada

日本読書療法学会会長
パーソンセンタードケア研究会講師
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー

長崎県出身。幼少時より南米諸国に滞在。東京大学法学部卒業。
多数の外資系企業での通訳を経て、現在は講演、執筆、翻訳活動。
出版翻訳家として認知症ケアの分野を中心に英語の専門書を多数出版するほか、スペイン語では絵本と小説も手がけている。日本読書療法学会を設立し、国際的に活動中。
ブログ:https://ameblo.jp/teradamariko/


『認知症の介護のために知っておきたい大切なこと~パーソンセンタードケア入門』(Bricolage)
『介護職のための実践!パーソンセンタードケア~認知症ケアの参考書』(筒井書房)
『リーダーのためのパーソンセンタードケア~認知症介護のチームづくり』(CLC)
『私の声が聞こえますか』(雲母書房)
『パーソンセンタードケアで考える認知症ケアの倫理』(クリエイツかもがわ)
『認知症を乗り越えて生きる』(クリエイツかもがわ)
『なにか、わたしにできることは?』(西村書店)
『虹色のコーラス』(西村書店)
『ありがとう 愛を!』(中央法規出版)

『うつの世界にさよならする100冊の本』(SBクリエイティブ)
『日日是幸日』(CLC)
『パーソンセンタードケア講座』(CLC)

END