ENGLISH LEARNING

「〜力」はこう訳す

ハイキャリア編集部

あなたはどう訳す?通訳者も悩む日本語表現

みなさん、こんにちは!今回の日本語表現は「〜力」です。

日本語では、表現力やリーダーシップ力など、「〜力」という言葉がよく使われます。「能力」というと、大抵の場合はabilityと訳すことができますが、英語にはskillやproficiencyなど性質が異なる「能力」を表現するために数多くの言葉が存在しています。
そこで今回は、ability以外を使った「〜力」を含む文章の英訳4例をご紹介します。

(1)「問題解決力を身につけるためにセミナーに参加した。」
I attended a seminar to improve my problem solving skills.
● skill = 特定の分野や事柄における技術や知識
skillはスポーツやコンピュータ、英語のリスニングなど、具体的な特定の分野における能力です。

(2)「高い英語力があると、仕事の幅が広がる。」
Having a high level of English proficiency will open up more career opportunities.
● proficiency = 技術や知識を運用できる能力
proficiencyは、技術や知識などのskillを持っているだけでなく、それを実際に「運用できる」能力という意味があります。

(3)「仕事力がある人間は、仕事以外でも非常にアクティブだ。」
People that are capable at work are very active even outside work.
● capable = 有能な
capableは、様々な状況で機転を利かせて動き、物事をこなせるような能力というニュアンスがあります。

(4)「リーダーシップ力は一朝一夕で身につくものではない。」
Leadership competence cannot be acquired in a day.
● competence = 特定の事柄に必要な総合的な能力
competenceは、skill(技術)、knowledge(知識)、experience(経験)など、様々な要素を総合した能力を指します。

 

★編集部からのお知らせ★
これまで1700社以上のグローバル企業に、通訳・翻訳・英語教育といった語学サービスを提供してきた経験から、通訳メソッドを活用した効果を実感いただける英語プログラムをご提供しています。
英語のプロ、通訳エージェントが開発したプログラムをぜひお試しください。
無料カウンセリング実施中です。

●ビジネスに特化したアウトプット重視の1ヶ月集中プログラム
One Month Program

Written by

記事を書いた人

ハイキャリア編集部

テンナイン・コミュニケーション編集部です。
通訳、翻訳、英語教育に関する記事を幅広く発信していきます。

END