INTERPRETATION

第61回 「専門外」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

out of one’s ballpark 専門外である

“Could you please elaborate on that term?”

「その用語について詳しくご説明いただけますか?」

“I’m afraid it’s a little out of my ballpark . I’ll ask my colleague and get back to you later.”

「あいにく少し私の専門外です。同僚に尋ねて後程ご連絡します。」

 日本では「野球場」のことをbaseball stadiumと言いますが、アメリカではballparkがよく使われます。ballparkには他にもいくつか語義があり、今回ご紹介するのは「活動の場、活動分野」という意味から来たout of one’s ballpark(専門外である)です。

 「専門外で」は他にもoutside one’s field, outside the domain, out of one’s handsなどがあります。一方、「~を専門に研究する」はspecialize in …、「~の専門家」はspecialist on …と表現します。

 今回ご紹介したout of one’s ballparkは偶然ラジオで流れていたインタビュー番組でゲストが語っていたものでした。AFN (American Forces Network)というラジオ放送(AM810kHz)は早朝にNPR (National Public Radio)というラジオ局の番組を中継で流しています。私はNPRの中のTalk of the Nationというインタビュー番組がお気に入りで、身支度をしながら聞くようにしているのです。家中にペンとメモ用紙を用意しておき、気になる表現を耳にしたらすぐに書き取ります。こうして少しずつ自分の表現をストックできるよう、ちょっとした工夫も役に立つと感じています。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END