INTERPRETATION

第62回 「大混乱に陥らせる」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

turn … inside out  ~を大混乱に陥らせる

A drastic change in personnel has turned our company inside out .

人事が大幅に変わったため、当社は大混乱に陥りました

 今回ご紹介するのは「~を大混乱に陥らせる」という意味です。inside outは「裏返しに、ひっくり返して」のことで、たとえばwear one’s socks inside outであれば「靴下を裏返しにはく」となります。また、turn the drawer inside outは「引き出しの中をひっくり返す」という意味です。これにturnをつけることにより、状況がメチャメチャになった様子を表しています。

 ちなみに日本語の「南北」「左右」は「南」や「左」が先に来ますが、英語の場合はnorth and south、right and leftです。一方、inside out(裏表)やback to front(後ろ前に)は語順通りなのが分かります。英語で表記する際にはその都度辞書で語順を確かめるようにしてください。

 ところで「天地無用」という日本語は運送用の段ボールなどでよく見かけますよね。上下を逆にしてはならないという意味なのですが、どのような語源や由来なのか調べてみました。ところが手持ちの電子辞書やネット上でもなかなか確固たる説明が見当たらないのです。ほとんどのものはインターネットで解決できる時代にありながら、いつ、どういうきっかけでこの表現が誕生したのか、興味津々です。どなたかお分かりの方がいらっしゃいましたら、ぜひハイキャリアの編集部までお知らせくださいね。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END