INTERPRETATION

第77回 「奇妙な、風変わりな」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

rum 奇妙な、風変わりな、おかしな

That pharmacy’s policy is to promote health but they are selling cigarettes. That’s a rum contradiction!

あの薬局は健康を普及させようとしているのに、たばこも売っています。奇妙な矛盾ですよ!

 私は日ごろCNNの放送通訳に携わっています。どのキャスターも個性豊かなのですが、中でも一人、実に通訳のし甲斐がある方がいます。リチャード・クエストというイギリス出身の男性です。もともとBBCワールドでビジネスニュースを担当していました。1998年に私がBBCワールドで働いていた頃のクエスト記者は、ロンドンのスタジオがメイン。BBCの社食でよく見かけたものです。そんな氏も今ではすっかりCNNの顔となっています。

 今回ご紹介するrumという言葉もクエスト記者が使っていたものでした。ある製薬会社に関するニュースで出てきたのです。rumはお酒のラム酒の方が有名ですが、イギリス英語ではやや古い表現で、「奇妙な、風変わりな」という意味を持ちます。

 なぜこうした語義になったのかは定かではありません。辞書を引いてもorigin unknownと記しているものさえあります。初出も18世紀、16世紀など様々です。

 ところで紙の辞書を引くと私はつい周囲の単語に目が行きます。お酒の「ラム」はrumbullionという言葉を省略したものだそうです。しかもこの単語の意味は何と「暴動」!電子辞書の「ジーニアス英和大辞典」には「この酒を飲んで暴動を起こしたことから」と書かれていました。・・・となると気になるのが他のアルコール。whiskeyの原義は「生命の泉」なのだそうです。興味深いですね。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END