INTERPRETATION

第36回 「倒産する」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

go belly up 倒産する

His company went belly up last week due to the financial crisis.

彼の会社は金融危機のせいで、先週倒産しました

 今回ご紹介するのはgo belly upという表現です。bellyは「腹部、おなか」という意味を持ちます。一方、stomachも同じく「おなか」ですが、「胃袋」という意味での使われ方です。「空腹」はan empty belly またはan empty stomachです。なお、go belly upはインフォーマルな表現ですので、代わりにgo bankruptと表現することもできます。

 ではなぜgo belly upというフレーズが誕生したのでしょうか?ここで動物が死んでしまっている様子を思い浮かべてください。たとえば魚は死んでしまった場合、お腹を上に向けて浮いていますよね。それが転じて「死んでいる→倒産する」となったのです。

 ちなみにbelly を使った表現ではbelly laugh(大笑い)やyellow belly(臆病者)などがあります。日本語同様、英語でも体の一部を使ったフレーズが色々と見受けられます。みなさんもshoulder, hand, face, footなど、ご自分の知っている単語を辞書で引き、こうした応用表現を調べてみてくださいね。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END