INTERPRETATION

第86回 「出たとこ勝負でいく」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

take potluck 出たとこ勝負でいく

I took potluck at the station and I got on the first train.

駅で出たとこ勝負でいって最初の電車に乗りました。

 「出たとこ勝負でいく」は英語でtake potluckと言います。potluckと言えば日本語の「ポットラック・パーティー」でおなじみですよね。potluckとは「ありあわせの料理」「持ち寄り食事会」のことで、take potluckは「ありあわせの料理で食事をする」という意味です。potluckには料理以外にも「偶然(のチャンス)」「そのとき出されたもの」という語義があります。

 上記の例文は、「とにかく駅まで行くだけ行って、最初に来た電車に乗った」という状況を表しています。乗った後どうなるかはわからないものの、とにかく乗り込んだという様子が分かります。

ところで日本では「食べ放題」が流行していますよね。これは英語でall you can eatと表現します。日本語の場合「バイキング料理」という言葉もありますが、こちらは和製英語です。英語の場合はsmorgasbordとなります。smorgasbordはスウェーデン語で、smorgasはパンとバター、bordはテーブルを表します。

 今回この原稿を書くにあたって研究社「リーダーズ英和辞典」の紙版を参照したのですが、smorgasbordの上にはs’moreという単語がありました。これは「スモア」というデザートで、キャンプファイアで焼いたマシュマロと板チョコをクラッカーではさんだものだそうです。語源はsome moreからだとか。紙辞書の寄り道でおいしい経験ができました!

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END