INTERPRETATION

第124回 「とても無理」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

cry for the moon とても無理

You say you want to go to Saturn? That’s crying for the moon.

土星に行きたいって?それはとても無理だよ。

前回のこのコラムでは「そんなの簡単(as easy as 123)」をご紹介しました。今回は「とても無理」というフレーズです。英語ではcry for the moonと言います。ないものねだりをすることや途方もない野心を抱く様子を表しています。最近の表現で言うなら「ムリムリムリ!」という感じですね。・・・とここまで書いてふと思ったのが、「なぜ最近はムリを3回繰り返すか?」です。3という数字に何か意味があるのかもしれませんね。この「回数」についても調べたいと思っています。

本題に戻りましょう。cry for the moonはcryの代わりにask, reach, wishを使うこともできます。この表現が初めて使われたのは1800年代半ばで、ディケンズの小説”Bleak House(荒涼館)”にも出ているそうです。

さて、このコラムがアップされる2016年2月8日は暦の上では「新月」です。私の手帳には「大安、先勝」といった六曜のほかに満月と新月の表示があります。私は毎朝手帳を確認する際、月の形も調べています。満月の日になると私は夕方に月を確認するのですが、東の空に大きく輝く月の美しさは息をのむほどです。満月の翌朝の早朝勤務もまだ月明かりがありますので、朝焼け前の暗い夜道もいつもより安心して歩けるのですね。逆に新月の日は早朝も真っ暗です。自然の中で私たち人間は生かされているのだと改めて感じます。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END