INTERPRETATION

第140回 「成果を手にする」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

reap the harvest of … (~の成果を手にする)

He has reaped the harvest of his internship at a major manufacturing company.

(彼は大手メーカーでのインターンシップの成果を手にしました。)

reap the harvest of … は「~の成果を手にする」という意味です。努力の末に有意義なことを得たというニュアンスで使われます。一方、このフレーズには「報いを受ける」という負の意味もあります。文脈に応じて訳し分けることが必要な表現です。

harvestとは「収穫」です。この語が誕生したのは10世紀ごろとされ、古期英語から来ています。ちなみにドイツ語の「秋」はHerbstですが、こちらも同じ語源です。英語の「秋」autumnはラテン語のautumnusから来ており、autumnはイギリスの場合、9月と10月を、アメリカでは9月から11月を指すそうです。学習者向け英和辞典にはこうした細かい違いが書かれており、読み物としても楽しめます。私も自宅ではもっぱら紙辞書と「遊んで」います。

ところで辞書でharvestを引いていたところ、harvestmanという語に遭遇しました。収穫をする人なのかと思いきや、「ザトウムシ」という昆虫なのだそうです。漢字で書くと「座頭虫」です。このharvestmanという虫はアメリカでDaddy Longlegs(あしながおじさん)というニックネームが付けられています。足がとても長いのが特長なのですね。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END