INTERPRETATION

第155回 「忍耐の限度を超えさせるもの」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

the last straw that breaks the camel’s back (忍耐の限度を超えさせるもの)

To tell the truth, my daughter’s rebellious attitude yesterday was the last straw that broke the camel’s back.

(正直なところ、昨日の娘の反抗的な態度は忍耐の限度を超えさせるものでしたね。)

「忍耐の限度を超えさせるもの」を英語ではthe last straw that breaks the camel’s backと言い、私が初めて遭遇したのはCNNのスポーツニュースでした。私はオンエア中、珍しい表現が出てくるとなるべくすぐにメモをするようにしています。本番中は辞書を引く暇がないため、どうしてもわからない時は文脈から推測して訳さざるをえません。その悔しさをバネに次につなげていくということを繰り返していくのです。ことばは無限にありますので、このようにして通訳者は学び続けていきます。

さて、なぜこのフレーズでは「ラクダ」が出てくるのでしょうか?実は「最後の一本のわらが重荷を積んだラクダの背骨を折る」ということわざから来ています。インターネットで調べたところ、語源はアラブのことわざ、旧約聖書、17世紀の表現などまちまちです。

ところでcamelを辞書で引くと「ヒトコブラクダ」はArabian camelあるいはdromedary、「フタコブラクダ」はBactrian camel、一方、ラクダの「鳴き声」はgrunt、「こぶ」はhumpです。また、ラクダは「従順、節制、愚かさ」などを象徴します。ちなみにhorseは「従順、高貴な動物」として重宝されていますが、同時に「好色、愚かさ」の象徴でもあるそうです。学習者向け辞典を読んでみるとこうした解説があるのが楽しいですね。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END