HOME > 英語の勉強 > すぐ使える英語表現 > 第148回 「大げさな行動をとる」

放送通訳者直伝!すぐ使える英語表現

第148回 「大げさな行動をとる」

ham it up (大げさな行動をとる)

The therapy dog has her own website with photos of her hamming it up.

(そのセラピー犬は自分のウェブサイトもあり、大げさな仕草の写真も掲載されています。)

 ham it upは「大げさな行動をとる」という熟語で、私が初めてこのフレーズに遭遇したのは放送通訳のニュースでした。元のニュースの舞台はサンフランシスコ。「セラピー犬」ならぬ「セラピー豚」が空港で大人気という話題だったのです。クリスマスの時期、空港はどこも混みますよね。そのような中、セラピー・ピッグが登場したことで、大行列をなす人々も少しホッとした様子がそのニュースでは描かれていました。

 hamは食べ物の「ハム」ですが、略式表現では「(演技過剰の)大根役者」という意味も有します。こちらはThe Hamfat Manというミュージカルから来たもので、主人公は不器用な男性です。Hamfatがhamfatterに転じ、「ham=大根役者」と変化したようです。ちなみに「アマチュア無線家」を「ハム」と言い、やはりスペルはhamです。こちらはamateurのamがhamと発音が似ていることから生まれた言葉です。

 この原稿を書くにあたり、紙辞書をいつものごとく眺めていると、hamの下の語義にham-and-egger(並みの人間)という言葉がありました。他にもham-handed(手先が不器用な)、hammy(演技が大げさな)なども出ています。食べ物にも色々な意味があるのですね。


すぐ使える英語表現


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 通訳学校で後進の指導にあたるほか、大学の英語学習サポートルームにて英語学習アドバイザーも務める。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。「放送通訳者・柴原早苗のブログ」を更新中。