HOME > 英語の勉強 > すぐ使える英語表現 > 第149回 「難しい選択」

放送通訳者直伝!すぐ使える英語表現

第149回 「難しい選択」

tough call (難しい選択)

It was a tough call, but in the end, I chose what I wanted to do.

難しい選択でしたが、最終的にはやりたいことを選びました。)

今回ご紹介するtough callは「難しい選択、困難な決定」という意味です。callは中学校で学ぶ基本単語ですが、辞書を引いてみると実にたくさんの語義があることがわかります。手元にある「ジーニアス英和辞典」(紙版)でcallを引き、読み進めてみると、名詞のかなり下の方に略式表現として「決心、決定」という意味が出ていました。make a call(決定する)、It's your call(それは君が決めることだよ)、It's anybody's call(はっきりしたことを言うのは難しいね)などといった表現があるのですね。tough call自体は主にアメリカでよく使われるようです。

ところでtoughの原義は「折れにくい」という意味です。toughには「難しい」「厳しい」「(肉体的に)頑丈な」などのほかに、「(肉などが)固い」という意味もあります。This steak is too tough(このステーキは固すぎる)という具合です。一方、tough-loveは「愛のむち」、a tough part of town(街の物騒な地区)など、多様な意味があることもわかります。

こうして既知の単語も改めて辞書を引くと色々と発見がありますよね。


すぐ使える英語表現


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 現在は通訳学校でも後進の指導にあたる。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。「放送通訳者・柴原早苗のブログ」を更新中。