INTERPRETATION

第202回 「~についての真相を知る」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

get the lowdown on …(~についての真相を知る)

We got the lowdown on what our competitor is planning. (私たちは競合相手の計画についての真相を知りました。)

*******

lowdownは口語表現で「真相、内幕」という意味です。get the lowdown on … で「~についての真相を知る」となります。ここではlowdownと一語になっていますが、low-downと間にハイフンを入れると形容詞の意味になり、「非常に低い、下等な」という語義を持ちます。また、ジャズ用語で「(ブルースなどが)非常に情緒的な」という様子も表します。

ところで1970年代に“We are all alone”という曲が大ヒットとなったアメリカのシンガー、ボズ・スキャッグス(Boz Scaggs)は、“Lowdown”という作品も出しています。1976年度のグラミー賞を受賞しました。ボズは今なお現役。5月には来日公演も果たしており、私もエンジョイしてきました。まだまだ歌唱力があり、聴衆も大いに沸きましたね。

話を英語に戻しましょう。「lowdownという語があるならhigh-upもあるのでは?」と気になり調べたところ、本当にありました!「地位の高い(人)」という口語表現だそうです。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END