INTERPRETATION

第203回 「ぼんやりして」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

out to lunch (ぼんやりして)

I’m sorry for not paying attention. I am really out to lunch these days. (集中していなくてごめんなさい。最近本当にぼんやりしているんです。)

*******

「ぼんやりして」を英語の口語表現でout to lunchと言います。文字通り訳せば「ランチに出かけて」という意味ですが、このように「集中していない様子」を表すこともあるのですね。

英語のlunch自体はluncheonが短くなった単語で、初出は16世紀末とされています。lunchは「昼食」という意味の他に「軽食、弁当」という語義もあります。また、カリブ地域の英語では「午後のお茶」という意味もあるそうです。

かつてイギリスの学校に通っていたころ、お昼の給食のことをschool dinnerと言っており、不思議に思ったことがあります。イギリスではdinnerが「昼食」、supperが「夕食」を指していたのですね。

なお、アメリカの口語表現でThere is no free lunch.があります。これは「世間はそう甘くはない」という意味です。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END