INTERPRETATION

第205回 「態度を変える」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

do a one-eighty (態度を変える)

I will go ahead with the original plan. I won’t do a one-eighty. (当初の計画で進めます。態度を変えることはしませんから。)

*******

角度の「180度」を英語では180 degreesと記します。これをone-eightyと読むことから、今回ご紹介する表現が生まれました。「考えや立場など、態度を変える」ことを英語でdo a one-eightyと言います。ちなみに「360度」バージョンもあり、do a three-sixtyの場合、「元の考えに戻す」という意味になります。

日ごろCNNの放送通訳をしていると、数字がよく出てきます。その際、hundredやthousandをきちんと入れて読んでくれればと思うことが少なくありません。たとえば「3,900」であればthree thousand nine hundredと聞こえた方が通訳しやすいのですね。ところが、thousandをいちいち言うのは冗長なのでしょうか、ニュースではthirty-nine hundredという言い回しがよく出てきます。英語でthirty-nineと聞こえた段階で通訳者としては「39」ないしは”39 thousand”あるいは”39 million”かと身構えます。ところが意外な桁で切られてしまい、慌てることも…。数字は鬼門です。

ところで「円周」は英語でcircumference、「円周率」はpiです。一方、「円すい」はcone、「円柱」はcylinerです。私にとってはしばらくご無沙汰していた数学用語です・・・。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END