INTERPRETATION

第206回 「しっくりこない」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

not sit well with (しっくりこない)
 
I assume our new plan does not sit well with our customers. (私たちの新計画は、顧客にとってしっくりこないような気がします。)

*******

「しっくりこない、受け入れ難い、納得し難い」を英語でnot sit well with と言います。sit well with自体はその逆で「しっくりくる」ですが、通常はこのように否定文で使います。

sitは「座る、着席する」などの語義でおなじみですが、語源自体はsetやseatと同じです。sitには句動詞がたくさんあり、sit well withを始め、sit back(深く関与しない)、sit out (他の客よりも長居する)、sit in(代理をする)などがあります。一方、「座り込みストライキ」は英語でsit-down strikeと言います。

ところで「イス」はchairですが、種類によって呼び名も変わりますよね。たとえば「小さな丸椅子」はstool、「背もたれの付いた長いソファ」はchaise longueです。また、映画の撮影現場などで監督が座る折り畳み椅子はdirector’s chairと言います。なお、sofaの語源は何とアラビア語!「長いベンチ」が元の意味だそうです。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END