INTERPRETATION

第217回 「うまくいく、成功する」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

come up roses (うまくいく、成功する)
 Don’t worry too much. Things would be coming up roses in the long term. (あまり心配しないで。長期的に見ればうまくいくから。)

*******

英語で「うまくいく、成功する」をcome up rosesと言います。話し言葉としてよく使われるフレーズです。通常はcoming up rosesという進行形で用います。roseは「バラ」という意味だけでなく、rosesと複数形にした場合、「好況」という語義もあるのですね。

さて、今日はバレンタインデーということで、あえて「バラ」を用いる表現を取り上げています。かつてイギリスで暮らしていたころ、バレンタイン近くになると近所の農場でバラがよく売られていました。日本では女性が男性にチョコを渡しますが、イギリスでは男性が女性にバラの花束をプレゼントするというのが、現地でのバレンタインの風習です。

なお、イングランドの国花はバラで、ニューヨークの州花もバラです。では日本はどうでしょう?バラを県や市の花としているところは、ネットで調べただけでも18個ありました!そのうちのひとつ、横浜市は平成元年に市の花と制定したそうです。西洋バラの多くが開港直後の横浜から日本に上陸したといういわれがあるからだとか。興味深いですよね。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END