INTERPRETATION

第216回 「地方を遊説する」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

barnstorm (地方を遊説する) 
Since this year is the election year, many politicians are barnstorming that state. (今年は選挙年であるため、多くの政治家たちがその州の全域で遊説しています。)

*******

「地方を遊説する」を英語でbarnstormと言います。これはアメリカの口語表現ですが、barnstormは他にも「(芸人が)地方巡業をする」「プロのスポーツチームがレギュラーシーズン終了後、エキシビションゲームをしながら巡業する」という意味もあります。

この語の語源はなかなか面白いものです。「ランダムハウス英和大辞典」によれば、初出は1883年。そうした巡業者を受け入れていたのが納屋(barn)だったからだそうです。なお、barnの語源は古英語のbere-で、barley(大麦)と-ern(家)が組み合わさっています。

ところで-stormを使った語は他にもあります。brainstormは日本語でも「ブレーンストーミング」でおなじみですよね。一方、Desert Stormは1991年の湾岸戦争の作戦コードネーム。rainstormは「暴風雨」です。ちなみにfirestormは石油やガス火災などによる「大火」という意味に加えて「猛反対」という語義もあります。

なお、日本相撲協会のHPを見ると、日本語の「巡業」は英語でtourとなっています。「春巡業」はspring tourです。巡業は相撲道の普及や地域活性化、青少年の育成などが大きな目的だそうです。
http://www.sumo.or.jp/Jungyo/timetable/

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END