INTERPRETATION

第220回 「遠回しに言う」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

beat around the bush (遠回しに言う)
 When you are writing your resignation letter, don’t beat around the bush. (辞表を描くときは、遠回しに言ってはいけません。)

*******

「遠回しに言う」を英語でbeat around the bushと言います。上記の例文にもある通り、通常は否定の命令形で使われます。beatは「叩く」、bushは「茂み」のこと。かつては狩猟をする際、茂みの下にいる獲物を棒で突きながらとらえていました。しかし、これは時間がかかり過ぎて非効率、というのがこのフレーズの源です。今では略式表現として「遠回しに言う」という意味で使われています。

英語を勉強する際、みなさんは辞書をどこまで読みますか?急いでいる場合、一番探している語義が分かれば大丈夫。でも少し時間があるときは、ぜひすべての意味や例文にも目を通してみてください。「ジーニアス英和大辞典」でこのフレーズを引いたところ、反対表現としてcome to the point(単刀直入に話す)が紹介されていました。こうして「ついでに」調べて、「ついでに」音読しておけば、一石二鳥でトレーニングになります。

ところでbushという単語で私がつい思い出すのが、イギリスの歌手Kate Bush(ケイト・ブッシュ)。1978年リリースの「嵐が丘」は日本でもヒットしています。しかも今なお現役で、2013年には大英帝国勲章も受賞するという実力派シンガーです。独特の声は一度聞けば忘れないほどのインパクトがあります。というわけで、今日の締めくくりはこのPVをどうぞ:
https://www.youtube.com/watch?v=-1pMMIe4hb4

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END