INTERPRETATION

第223回 「感情を表す人」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

Since she was not a demonstrative person, she felt much easier to express herself through music. (彼女は感情を表す人ではなかったため、音楽を通じての方が自己表現しやすいと感じていました。)

******

英語で「デモ」はdemonstration、「デモをする」はdemonstrateです。一方、形容詞のdemonstrativeは「感情をあらわに示す、愛情をはっきりと表に出す」となります。「抗議行動をする」の「デモ」に慣れてしまうと、つい「デモをする人」と解釈したくなりますよね。

demonstrateはもともとラテン語で、「de-(完全に)+-monstr(示す)+ate」が組み合わさったものです。monstrを使った語では他にもmonumentやmonsterなどがあります。

ところでかつて務めていたBBCでは訳語に関する基準がありました。「デモ」のようなカタカナ語自体は特に問題なかったのですが、「テロ攻撃」などに出てくる「テロ」については使わないように言われていました。これは「テロ」という行為自体、どちらの視点で見るかによって異なるからです。被害に遭った人にしてみればそれは許しがたい行為ですが、その一方、抗議をする側にしてみると、「聖なる目的ゆえの暴力手段」とも言えるからです。よって、「自殺テロ攻撃」は「自殺爆弾攻撃」と訳語を統一していました。このガイドラインを機に、私自身、物事というのは常に複数の見方があることを感じた次第です。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END