INTERPRETATION

第222回 「ぴったりの例」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

a case in point (ぴったりの例) 
To give you a better picture, let me give you a case in point. (もう少しわかりやすくするために、ぴったりの例をご説明しましょう。)

*******

学生時代の私は英語力を上げるために単語集や表現集などの本を買っていました。最初は意気込んで始めるのですが、なぜか途中で挫折。最終ページまで行きついたことは一度もありません。「ま、いっか~」とのんきに思えれば良かったのですが、性格的に「挫折→自分の意志が弱い→悪いのは自分」という感じで悪循環スパイラルに陥っていたのですね。精神衛生上、良いはずがありません。

そうした試行錯誤を経て行き着いたのが、「自分の好きな媒体物から学ぶ」ということでした。今回ご紹介する表現も、BBCの映画関連番組”Talking Movies”で出てきたものです。勉強のためというよりも、好きな映画の話題から未知の表現をメモして調べた方が私の場合、強烈に記憶されます。今はもっぱらこうした勉強法です。

case in pointは「ぴったりの例、好例」です。case (事例)とin point(適切な)が組み合わさった表現です。ところで皆さんは普段電子辞書をお使いですか?電子辞書は串刺し検索ができますので、ぜひcaseを複数の辞書で引き比べてみてください。「事例」を一番目に掲げている辞書と「箱、ケース」を最初に掲載している辞書があります。これは編集者のスタンスの違い。こうした微妙な差を探し出すのも英語学習の醍醐味です。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END