INTERPRETATION

第34回 「持ち役」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

signature role 持ち役

The actor returned to his signature role after twenty years.

その俳優は20年ぶりに持ち役に戻ってきました。

 今回ご紹介するのは「持ち役」という意味のsignature roleです。通常signatureは多くの英和辞典において「名詞」扱いとなっています。しかしここでは形容詞となり、後ろのrole(役割)にかかります。形容詞の場合、「特徴的な」という意味です。

 形容詞として使われるsignatureは他にも色々あります。たとえばsignature line(決め台詞)、signature color(トレードマークの色)、signature piece(代表曲)などです。また、イギリスではテレビ番組などの「テーマ曲」をsignature tuneと言います。

 ちなみに「サイン」は有名人の場合、autograph、一方、「サイン帳」はautograph bookです。一般人が書類に署名するものがsignatureです。英語でsignというと、「サインする」の動詞か、「標識、身振り、記号」という名詞になりますので使う際には注意しましょう。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END