INTERPRETATION

第55回 「人生における突然の転機」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

one’s road to Damascus 人生における突然の転機

Yesterday’s seminar was very interesting.It was my road to Damascus moment.

昨日のセミナーはとても興味深かったですね。私の人生における突然の転機という瞬間でした。

 今回ご紹介するのはone’s road to Damascus(人生における突然の転機)という表現です。この表現は他にもthe road to Damascusあるいはa road to Damascusとも表します。もともと聖書に由来するフレーズです。聖パウロがダマスカスへの道で神の声を聞き、クリスチャンになったという話から来ています。文字通り訳せば「ダマスカスへの道」となります。

 さて、現在ダマスカスはシリアの首都です。ここ数年シリアでは内戦が続いており、古代から続く美しい街・ダマスカスも、戦いの連続で破壊されています。私は日ごろCNNなどの放送通訳に携わっているのですが、シリア内戦のニュースは連日のように報道されます。画面に映し出されるのは傷つき、苦しむ市民の姿です。そうした映像を見るたびに、今日本で暮らす私たちに何ができるのだろうかと自問します。

 「たまたま」平和な日本に生まれたという偶然性も、実は世界的規模で見れば「ごく少数の恵まれた国民」ということになるのです。それを忘れてはならないと私は思います。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END