INTERPRETATION

第82回 「言ったなんて言わないで」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

Don’t put words into my mouth. 言ったなんて言わないで

I never said that! Don’t put words into my mouth.

そんなこと一言も言っていないよ!私が言ったなんて言わないで

 Don’t put words into my mouthは「私が言ったなんて言わないで」という意味です。直訳すれば「私の口の中に言葉を入れないで」という意味で、「言いもしないことを言ったなんて言わないでほしい」となります。「ことばという目に見えないものをかき集めて、相手の口の中に押し込む」と想像すると、何だか無理強いしているのが目に浮かびますよね。そのような行為から生まれた表現です。

 ところで私は日ごろから自宅では紙版の英和辞典を使っています。現在愛用しているのは大修館書店の「ジーニアス英和辞典(第4版)」です。ここでmouthを辞書で改めて引いてみると色々な発見があります。特に面白いのは発音の違いです。mouthには名詞や動詞、さらに名詞の複数形によって発音が異なることが記されているのです。また、「口の」という所有格でmouth’sとした場合の発音も違うのが分かります。

 最近は学校でも発音記号の指導が行われないそうですね。でも発音記号は規則さえ分かれば実に便利なものです。濁る音や濁らない音なども、発音記号で確認すればしっかりとした発音を身につけることができます。敬遠せず、ぜひ「楽しい暗号解読!」というアプローチで一度見てみて下さい。きっと新たな発見があることと思います。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END