INTERPRETATION

第48回 「無駄口をきかない」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

save one’s breath 無駄口をきかない、黙っている

I thought it would be better to say nothing so I saved my breath.

何も言わない方が良いと思ったので、黙っていました

 今回ご紹介するのはsave one’s breath(無駄口をきかない、黙っている)というフレーズです。もともとは「呼吸をセーブする」という状況を描いたもので、それが転じて「呼吸を無駄にしない=話しても無駄なので黙っている」という意味になりました。keep one’s mouth shutも同じ意味ですので、上記の例文は… so I kept my mouth shutと言い換えることもできます。

 「無駄口をきく人」はtattler、また、イギリス英語では「無駄口をたたく」をwaffleと表現します。waffleは食べ物のワッフルと同じつづりですが、「無駄口をたたく」のwaffleはイギリス北部の方言waff(吠える)から来ているそうです。

 なお、breathを使った表現は色々あります。take a deep breath(深呼吸する)、hold one’s breath(息を止める)、be out of breath(息を切らす)in one breath(一気に)などです。ちなみにアルコール検知のための「酒気検査」はイギリス英語でbreath test、アメリカではbreathalyzer testと言います。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END