INTERPRETATION

第88回 「避けたいテーマ」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

third rail (危険なので)避けたいテーマ

Tax increase is the third rail of our politics.

増税は我が国の政治において避けたいテーマです。

 third railは文字通り訳すと「第三のレール」となります。アメリカやイギリスなどの鉄道は第三軌条方式といい、レールの軌道脇に電力を供給するためレールがもう一本敷かれています。これに触れると感電するということから、「政治家がその話題に触れた場合、地位を失いかねないテーマ」を指すようになりました。政治用語として用いられるフレーズです。

 

 ところで辞書でrailを引くと、「鉄道軌道」そのものを表す際は通常複数形で用いるとの説明があります。Do not cross the rails.(レールを横切るな)という具合です。あえて知っている易しい単語もこうして調べ直してみると、勉強になりますよね。

 

 さて、イギリスに暮らしていた頃、私は電車で通勤していたのですが、遅延や運休は頻繁にありました。秋になると「落ち葉がレールに落ちたので遅延」、普段も「運転士が欠勤したので運休」、「車掌が遅刻したので遅延」などなど、多種多様な(?)お知らせ(という名の言い訳!)が自動音声で流れていました。そのような環境に慣れた分、日本の復旧の速さには目を見張るものがあります。何を基準に考えるかによって、日常生活でのイライラも消えるように思う次第です。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END