INTERPRETATION

第243回 「しっかりと掌握する」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

have a firm grip on …  (~をしっかりと掌握する)
 We must do better to have a firm grip on the budget. Otherwise, we will not be able to make a profit.  (予算をしっかりと掌握するためにもっと努力せねばなりません。さもないと利益を生み出すことができなくなります。)

******

今回ご紹介するのはhave a firm grip on … (~をしっかりと掌握する)という英語表現です。gripは「つかむ、把握する」という動詞の他に、上記の表現に出てくるような名詞としての用法もあります。名詞では「把握、グリップ、理解力、人を惹きつける力、支配力、統率力」といった語義が辞書には出ています。

gripを使った他の表現では、have a good grip on a situation(情勢をよくつかんでいる)、take a grip on oneself(自制する)などがあります。

grip自体は古英語のgrippan(つかむ)から来た単語です。そのもととなったのがgripeという語で、この単語は現在「お腹をきりきり痛ませる」という意味です。しかし以前は「苦しませる、握る、つかむ」という語義もあったのは興味深いところです。

ところで2月におこなわれたテニスの全豪オープン、女子決勝では大坂なおみ選手が見事優勝しましたよね。私もテレビにかじりついて声援を送っていました。ちなみに私がテニスで思い出すのは幼少期に暮らしたイギリスです。イギリスの学校では夏のスポーツとして体育の授業でテニスをおこないました。グリップの握り方が私には難しく、最初は難儀していましたが、そのうちテニスの楽しさに目覚め、とても楽しんだことを覚えています。もっとも、大人になってから再挑戦した際にはヘナチョコ・プレーで自分でもびっくりでした!

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END